強制性交で逮捕(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 自宅に呼んだ30代派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴をしたとして2月1日に強制性交の疑いで逮捕された俳優・新井浩文容疑者(40)。親友のムロツヨシだけでなく、綾野剛や高良健吾、松田龍平、瑛太も新井容疑者を慕っていたという。

新井浩文逮捕で…芸能界の“犯罪者予備軍”続々露見の可能性

「新井容疑者は“飲む・打つ・買う”の三拍子を公言する昭和の男。プライベートでもありのままをさらけ出し、男気のある俳優として知られていました。その一方で、SNSを活用してファンとも直接つながり、地方在住のファンを大切にする。トークイベントで来場者全員と握手したり、気取らない一面もありました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 新井容疑者はとにかく女性にもモテた。2008年には池脇千鶴(37)との交際が発覚。13年には16歳年下の二階堂ふみ(24)との交際も明るみとなった。こんな話がある。

「売り出し中だった二階堂は超多忙の毎日を送っていた。事務所の車に送られて自宅に戻り、車がいなくなるのを見届けるとすぐにタクシーに乗って新井の自宅に向かっていた。当時はそれほど新井に夢中でした」(知人)

 16年には、女優・夏帆(27)との熱愛が発覚。5月の母の日に、夏帆の母親と3人で食事する姿が撮られ、親公認の熱愛と報じられた。

「その後も夏帆との交際は続きました。2人は今回の事件現場となった新井の世田谷区の自宅で半同棲生活を送り、1年くらい前までは新井の愛車ジャガーで出かける姿を何度も目撃されています。でも、結婚間近という報道もありましたが、半年くらい前から夏帆の姿は全く見かけなくなったようです」(週刊誌記者)

■「年が若くて中身が大人」

 どうやらモテ男の新井容疑者にも悩みがあったようだ。とっぽい外見とは裏腹に結婚願望が強く、いざ本気になって結婚に踏み切ろうとすると、交際相手に逃げられてしまうのだ。二階堂との破局のきっかけは、結婚を強く迫る新井容疑者を二階堂が敬遠したためだと言われているし、夏帆も結婚話が出た頃から姿を見かけなくなったという。

「彼は女性の好みのタイプについて、『年は若くて中身が大人』と語っていましたが、要は、若い女性が好きで、熱しやすく飽きっぽいのです。池脇さんとの破局についても、映画の舞台挨拶で『とっくに別れました』と暴露した。事実だとしても、交際していた女性に対するリスペクトというか配慮がなさ過ぎます。今回の事件も、そうした女性に対する姿勢があらわになっただけのような気がします」(新井容疑者の知人)

 己をさらけ出す俳優としてもてはやされた男は、フタを開けてみれば、女性に対して本能をムキ出しにしていただけだったのかもしれない。そうだとすれば、“男気”どころか、“人間味”すら感じられない。