カタール代表が日本対策に費やした時間は30分【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

日本対策ができたのはわずか30分

AFCアジアカップ2019が終わった。日本は決勝戦でカタールに完敗。なぜこれほどまで完璧にやられたのか。カタールはどのように日本対策をしたのか。(取材・文:植田路生【UAE】)

----------

 まさにこれこそ完敗と言うべき内容だった。

 日本代表はカタール代表の術中にはまり、AFCアジアカップ2019の優勝を逃した。後半は押し込む時間帯もあったものの崩しきれず、一方で前半はほぼ何もできなかった。日本はなぜ敗れたのか。時計の針を少し戻したい。

 現地時間29日、カタールはUAEと準決勝を戦っていた。4-0と快勝し、日本が待つ決勝へと駒を進めた。30日、カタールは完全オフ。決勝戦は1日なので、カタールに残された準備期間は31日、その1日しかなかった。

 現地時間31日、カタールは90分間練習した。ウォームアップ、ランニング、ダッシュ、ボール回し、シュート練習。これだけで60分近くが経過した。残された時間はたった30分。ようやくゲーム形式の練習で森保ジャパン対策が始まった。

 チームを主力組と控え組に分ける。控え組は日本代表の動きを完全トレース。この「仮想日本」に主力組が挑むという構図だ。普通のゲームと違うのは何人ものコーチがピッチ内に入り、すぐにプレーを止める。その都度ポジショニングの指示を出していた。

 カタールは4バックと3バックの2つのフォーメーションを使いこなすチームだが、この日、主力組は3バックでしかプレーしていない。つまり、事前のスカウティングで「日本代表には3バックが有効」との分析が済んでいたということだ。

 わずか30分。だが、その成果は前半如実にあらわれる。

大迫対策と噛み合わせの悪さの利用

 カタールが守備面で主に取り組んだのは「大迫勇也対策」だ。日本の攻撃の軸はFW大迫で、彼がボールをおさめることで活性化する。まずはそれをさせない。大迫の周囲に守備人数を増やし、大迫にボールを受けさせない。そうなると、日本は相手守備が手薄になったサイドから仕掛ける。ここまで想定内で、「仮想日本」がサイドから崩そうとするとコーチ陣が細かくポジショニングを指示し、守備陣形を整えていた。

 実際の試合でも特に前半は大迫にボールが入る場面は少なかった。一旦おさまればチャンスになったが、そうならないとサイドから攻めざるを得なくなる。日本の方が個の力は上なので、それで打開するしかなくなる。個人能力で突破されれば仕方がないとカタールは考えていたが、そこまでの実力差はなかった。

 攻撃面ではフォーメーションのギャップを利用することだ。カタールが3バックにすることでフォーメーションの噛み合わせが悪くなり、浮いている(誰もマークについていないフリーに見える)選手が出てくる。この浮いている選手にいかにボールを入れるか、そして浮いた状態をいかに保つか。コーチ陣の身振り手振りから察するに、恐らくそこを指示していたのだろう。

 試合ではどうだったか。カタールは11番アクラム・アフィフがキーマンになっていた。彼が日本のボランチの背後をとることで、フリーでボールを受け、日本を撹乱していた。

 戦術面ではカタールのシミュレーション通りに試合が進んでいたことになる。たった30分で日本は完全攻略されてしまった。

個の力で上の日本がカタールを上回れなかった要因

 カタールは見事だったが、ここまでが限界だったはずだ。セットプレーの練習はまったくしておらず、日本が想定外のプレーをしてくれば対応できなかっただろう。

 日本がカタールを上回れなかった要因としては主に2つある。1つは修正力がなかったこと。森保一監督は「守備はミスマッチが起きても最後どうやって止めるか。特に2点目。6番が左足(のシュート)をもっていることはスカウティングできていた」と試合後に語っている。

 ミスマッチ、いわゆるギャップが生まれたとき、ハーフタイムになる前に選手たちで修正できればまた違った展開になっていたはずだ。吉田麻也は「ボランチの脇で11番を誰が掴むのか。19番とうまく入れ替わりながら、誰が掴むのかで1点目も2点目も1回そこを起点にされて失点している。そこでの臨機応変さが足りなかった」と語っていることから、何が原因なのかは把握している。やはり足りないのは修正力だ。

 2つ目は、「対策への対策」が何もなかったこと。カタールが日本対策をしてくることは想定内だったはずだ。見事な攻略ではあるが、何も特殊なことはしていない。にもかかわらず、自分たちの得意な形に固執し、相手の嫌がるプレーがほとんどなかった。サウジアラビア戦のようにドン引きするわけでもなく、攻撃パターンに変化はなく跳ね返され続けた。

 日本はロシアワールドカップでアジア最高の成績を残し、一目置かれる存在だった。だが、名実ともに王者ではなくなった。アジアでも挑戦者として研鑽していかなければならない。アジアカップで露見した修正力のなさは日本サッカーにおける積年の課題と言える。ここの解消なくしてレベルアップは望めない。少なくとも、2段飛ばしで日本を追い越していったカタールに当分追いつけないだろう。

(取材・文:植田路生【UAE】)

text by 植田路生