GACKT(2015年撮影)

写真拡大

ミュージシャンのGACKTが、正月恒例の「芸能人格付けチェック」で個人の連続正解記録を「58」に伸ばしたことについて、「正直、プレッシャーもわけがわからん」と心境の一端を明かした。

GACKTは2019年1月1日放送の「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2019お正月スペシャル」(テレビ朝日系)に9度目の出演。「X JAPAN」のYOSHIKIとのコンビで全問正解を達成していた。

「やれるとこまではしっかりやるからさ」

番組での強気なコメントや正解時の感情をあらわにする反応などが、インターネット上でも毎年話題を集めるGACKT。09年に初出演、12年以降は毎年出演している。高級肉などを次々と言い当て、一見「余裕」で全問正解しているような印象もあった。

だが3日に更新したインスタグラムで、GACKTは「格付け」に臨むメンタルにつて吐露。「さっきTV局のプロデューサーから連絡があったが、どうやら今年も格付が元旦一の視聴率だったようだ。リアルタイム検索でもGACKTの名前が一位だってさ」と報告すると、

「あの番組に出るようになって10年。今回で58連勝みたいだが、正直、プレッシャーもわけがわからん」

と告白。その上で、

「あんまり期待しないでくれよ。やれるとこまではしっかりやるからさ」

と、出演を継続していく考えとファンへのメッセージをつづった。

こうした言葉には

「毎年ガッツポーズの写真は必ず保存しています」
「毎年元旦の楽しみはこれです!来年もYOSHIKIさんと組んで欲しいなぁ〜」
「GACKTさんのプレッシャーも大きいと思いますが、助っ人のYOSHIKIさんとのペアでこれからも続けて戴けると嬉しいです。応援してます」

といったエールが続々と寄せられていた。

GACKTは「格付け」のプレッシャーについて以前も明かしたことがある。17年2月23日のブログで後頭部に円形脱毛症を発症したとして自撮り写真を公開し、「GACKTもストレスを感じて居るらしい。ボク自身にはまったく自覚がないが。心はどうやらダメージを負っていたらしい。あははは。マジでウケる」と笑い飛ばしていた。