◆裏アカウントの正しい使い方

 では、裏アカはどのように使っていけばよいのだろうか?

「鍵をかける、匿名で行うなどはもちろん、使う場所や端末を制限するのはどうでしょうか? 裏アカを実生活に溶け込ませない様にするのです。具体的には、携帯で裏アカを切り替えて使うのではなく、自宅のPCのみで使用するといった特定の環境を用意して、ONとOFFをしっかり区別することが大切だと思います」

 裏アカと聞くと悪いイメージが先行しがちだが、大切なのは“使い方”なのだ。

「裏アカを作ること自体は悪いことでも何でもありません。しかし、感情の切り替えがうまくいかない場合、裏アカの人格が表に出てしまい、リアルな人間関係を崩してしまう可能性もあります。ちょっとした発言が今まで培ってきた信用を壊してしまうこともありますので、十分気を付けてください」

 誰にでも裏の顔はあるし、裏アカ自体は決して悪いものではない。実際に、普段言えないような本音を吐き出すことで、救いになっている人もいるようだ。ただし、それはあくまで正しい使い方をしている場合に限る。バレた際のリスクを念頭に置き、SNSと付き合っていきたいものだ。<取材・文/日刊SPA!取材班>