「緑のミカン」を見たら買うべき3つの理由。美容パワーがあなどれない

写真拡大

【ラクうま美人ごはん vol.34】

 まだ早い、はモッタイナイ。

 秋の味覚がおいしい季節になりました。スーパーの果物コーナーに行くと、リンゴと共に存在感を放っているのが、グリーンの皮をまとった「早生(わせ)みかん」。早生みかんとは、9月〜11月頃に登場する果皮に青みが残っている温州みかんのこと。果肉がジューシーで酸味がやや強めなため、甘酸っぱい味わいが特徴です。まだまだ甘くないし、おいしくないでしょ、なんて考えていたら、モッタイナイ! じつは、完熟ミカンに比べてダイエット・美容にうれしいポイントがたくさんあるのです。

 そこで今回は、「早生みかんが持つ“優れた美容パワー”」を3つにまとめてご紹介したいと思います。

◆(1)ビタミンCが多い
早生みかん⇒35mg
普通みかん⇒32mg
※100gあたりのビタミンC含有量(じょうのう部分)
文部科学省食品成分データベースより

 早生みかんの味の特徴としては、甘味だけでなく、「酸味」を程よく持っている点です。これは、美肌づくりや免疫力に関係する「ビタミンC」の含有量にも影響を与えていて、普通みかんと比較すると1割程度優位になっています。これ、2個3個と食べることを考えると、微量とは言えないはずです。

◆(2)注目成分「β−クリプトキサンチン」が豊富
 2015年から始まった「機能性表示制度」において、生鮮食品第一号として認められたのが、三ケ日ミカン(静岡)の「β−クリプトキサンチン」。この成分は、疫学調査などによって、女性の閉経後の骨粗鬆症リスクを低下させたり、2型糖尿病等の生活習慣病の予防に有用であることが示唆されています。

 つまり、加齢と向き合う(寄り添う?)女性にはありがたい栄養素であるということ。その含有量は温州みかんに多く、特に早生には豊富に含まれていることがわかっています。

早生みかん⇒1900μg
普通みかん⇒1700μg
※100gあたりのβ−クリプトキサンチン含有量(じょうのう部分)
文部科学省食品成分データベースより

参考:農研機構サイト http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/fruit/062031.html

◆(3)老化予防・美肌づくりに関わる「ヘスペリジン」が豊富
 みかんを食べる際、取って食べている人もいるかもしれない「すじ」や「薄皮」には、「ヘスペリジン」というポリフェノールが豊富に含まれています。

 この成分が、体内のビタミンCの消耗を抑制する作用や、毛細血管壁を保護して血管の老化を防いでくれる作用を持っているため、すじや薄皮は取らずに食べた方が、美容的には良いということ。そしてこのヘスペリジンは、完熟みかんよりも、収穫時期の早い早生みかんに多く含まれているとのことです。

参考:温州みかん果汁中のヘスペリジンの挙動に関する研究−機https://www.shokuken.or.jp/report/docs/015_010.pdf

 早生種が出回るのは11月頃まで。このチャンスをおいしく楽しみながら、美容・健康に磨きをかけましょう。

<文、写真/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@akatsukinohana

【スギアカツキ】
食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。