千葉県警の20歳の巡査が、SNSで知り合った女子中学生とみだらな行為をしたとして、停職6か月の懲戒処分になった。

警察によると、千葉県警松戸警察署の20歳の男性巡査は今年4月から5月にかけて3回にわたり、神奈川県内のカラオケ店で都内に住む女子中学生とみだらな行為をしたという。

男性巡査は今年4月ごろ、SNSを通じて女子生徒と知り合い、メッセージのやり取りをするようになった。その後、女子生徒が中学生であることを知りながらみだらな行為に及んだという。

男性巡査は今月2日に書類送検されていて、「中学生の女の子に興味があった。自分の欲求に負けてしまった」と話しているという。千葉県警は男性巡査を停職6か月の懲戒処分にした。男性巡査は12日付で依願退職したという。

千葉県警は「職員の自覚を促す指導・教養を再徹底し、信頼回復に努める」としている。