「ナカイの窓」に出演した滝沢カレン (C)モデルプレス

写真拡大

滝沢カレンモデルプレス=7月12日】モデルの滝沢カレンが11日放送の日本テレビ系バラエティ番組「ナカイの窓」(毎週水曜よる23時59分〜)に出演。プロゆえのファッションへのこだわりを明かした。

長澤まさみ、滝沢カレンのファンだった 滝沢の返しが話題に

◆給料の8割は洋服なのに、週2回服を捨てる!?その真意は…


給料に対しての洋服の購入額は「8割くらい」と明かした滝沢。「実家なんで、そこはラッキー!」と茶目っ気たっぷりに笑顔を見せたが、「一週間に2回服を捨てる」と衝撃の告白も口にし、中居正広らを驚かせることに。その理由について滝沢は、例えば滝沢が着ている服を見た誰かに「(同じ服を)買いたい!」と言われた際、モデルであるにもかかわらず「『去年のなんで売ってないんです』とか言うのが」「(他の人が欲しい時に)買えない服を持っているのが、すごい嫌!」ときっぱりとした口調で説明。モデルとしてファッションを提案する側であるからこそ、常に最新のものを身につけていなければならないという、プロフェッショナルなこだわりを明かし、中居らを納得させた。

◆プロフェッショナルな一面に感嘆の声


また「何があるかわからない」から「お気に入りの服ほど着ない」というかわいらしいこだわりや、たとえば服を買わずに帰り、その後思い直してその服を買うことにした際でも、お店の人に「また来た」と思わたくないゆえに店には戻らず、ネットで購入するという恥ずかしがり屋な素顔も明かした滝沢。ネットでは滝沢のモデルとしてのこだわりに「一般からしたら捨てるって、と思うかもしれないけどモデルとしてのプロ意識尊敬する」「プロフェッショナルを見た気がする」と、日頃のふんわりとした雰囲気の滝沢とは違う、滝沢のプロフェッショナルな一面に感嘆の声があがっていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】