梅雨の季節は湿っぽくて蒸し暑いけど、オフィスや電車は冷房が効いていて体は冷えがちに。さらに仕事で疲れていて食欲がなくても、ちょっと温かく優しいこのレタスのしゃぶしゃぶなら、簡単に作れるし、スープと共におなかに入れると、ほっこり温まって癒されますよ。

家飲みの締めや、食欲のない朝のスープ代わりにも。

【しゃぶしゃぶレタス with スープ】

材料(1杯分)
・コンソメスープ(または、中華スープ) 300奸、顆粒スープの素を水で溶いたもの。
・レタス 1〜2枚
・ピンクペッパー(ポアブルロゼ) 5〜6粒

作り方

1・鍋にコンソメスープを入れて煮立たせる。レタスは縦半分〜1/4にちぎる。

レタスは大きめにちぎる。固めのレタスはさらに縦半分のサイズにちぎる。

2・1のスープにレタスを加え、再沸騰させる。レタスの色が変わってしんなりするまで、加熱する(1分程度)。

3・器にもりつけ、つぶしたピンクペッパーを乗せる。

ピンクペッパーは手で簡単につぶせる。

さらにこんなアレンジも☆

中華スープにおろしショウガを少量加えたスープで、レタスをしゃぶしゃぶして引き上げ、盛り付ければ、温野菜サラダになります。



■賢人のまとめ
ピンクペッパー(ポアブル・ロゼ)は、香辛料の一種ですが、黒胡椒や白胡椒とは異なる植物の実。ほのかにコショウのような風味と苦みがあるけれど、刺激が少ないので使いやすいですよ。スープやサラダ、ムースなどにちょっと添えるだけで、料理がワンランクアップ! そしてピンクは幸せな気分になれるカラーですから、料理に少しプラスすれば、うっとおしい天気で沈みがちな気分を上げてくれる食材でもあります。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。