ビートたけし

写真拡大

24日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、ビートたけしが、北朝鮮をめぐる問題解決において「日本の核武装」の可能性に言及した。

番組では、「北朝鮮は止まらない!? 対話か?圧力か? 日本はど〜する!?SP」と題して、出演者が緊迫を増す北朝鮮問題の打開策を議論していた。

番組終了直前、この問題解決についてたけしは「あんまりテレビで言っちゃいけないんだけど」と断った上で、一番簡単な方法として「『日本も核武装すればいいじゃないか』となる」としたのだ。根拠としてたけしは、日本には原子力発電所があり、プルトニウムを備えているだけではなく、H-IIロケットの開発にも成功しているというのだ。

ここまで語ると、たけしは苦笑気味に「(核武装を)声を大にして言ったら、大変なことになるよな」「『バカ野郎!』って言われるの、イヤだけど」とも漏らしていた。

【関連記事】
長嶋一茂 北朝鮮のミサイル発射をめぐって「ギャーギャー言うな」
猪木氏の訪朝 バカにする風潮に勝間和代氏が苦言「オプションがあった方が」
橋下徹氏が北朝鮮の核保有に言及…米国の有識者の中には「ある程度容認」