ハリソン・フォード

写真拡大

 ハリソン・フォード(75)が、「スター・ウォーズ」シリーズにはもう復帰したくないと語っていることがわかった。フォードはシリーズ7作目となる「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」(2015年公開)に主演のハン・ソロ役で復帰したが、ハン・ソロは今作品の最後で息子のカイロ・レンによって殺されている。

 フォードは米GQ誌のインタビューで、現時点では、もはや同シリーズに復帰するつもりはないと発言。「“スター・ウォーズ”が、僕にはもう用がないなら、僕も“スター・ウォーズ”に用はない。想像できないが、これはSFだ。だが、復帰はしたくないね。今は、何か別のことをやりたい。より面白くて、新しいことをね」と本音を明かした。フォードによると、7作目への復帰が提案された時は、最初からハン・ソロが死ぬことがわかっていたため、復帰することをOKしたという。

 前作でハン・ソロが死んでいるものの、今年12月に公開予定のシリーズ8作目「スター・ウォーズ:最後のジェダイ」を監督したライアン・ジョンソン監督は、同作でもハン・ソロが大活躍すると明かしている。

 同監督は今年8月、米エンターテインメント・ウィークリー誌のインタビューで、「ハン・ソロのゴーストが作品全体を通じて登場する。カイロにとって“フォースの覚醒”で父親を殺したことは、非常に大きな意味を持つ行為だった。ネタバレになってしまうが、彼が頭の中で、このことをどう処理したのか?どんな意味があったのか?が鍵となる」と語っている。

 「最後のジェダイ」には、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、さらに昨年末に急逝したキャリー・フィッシャーさんらを始め、「フォースの覚醒」からの全キャストが復帰予定となっているが、フォードの名前も挙がっており、果たしてどのような形で復帰するかがファンの間で話題になっていた。(ニューヨーク=鹿目直子)