豪雨被害の九州に物資届けに訪れた紗栄子 (C)モデルプレス

写真拡大

紗栄子/モデルプレス=7月13日】モデルの紗栄子が13日、自身のInstagramを更新し、5日〜6日にかけての集中豪雨で被害を受けた九州を訪れていることを報告した。

紗栄子、小林麻央さんを追悼 生前の交流明かす 同時期に祖父が他界

◆豪雨被害の九州を訪問


紗栄子は、以前から共にボランティア活動を行っているというクリニックの医師とともに、今回の集中豪雨によって被害を受けた、大分県日田市に物資や食料を届けに来ていると報告。7日にはInstagramにて、物資提供の協力を呼び掛けていた。


◆豪雨の爪痕残る景色を投稿



紗栄子は福岡から大分に向かう途中に高速から見たという、豪雨の爪痕が残る街並みの写真を投稿。土砂や流木が散乱し、重機が復旧の作業に当たっていたり、瓦礫が散乱した住宅街でボランティアの人々が作業をしている様子が写されている。

◆ファンから反響集まる


さらに、トラックから物資を運び出す様子なども投稿し、災害後すぐにボランティアに赴いた紗栄子に、「頭が下がります」「スピーディーな行動力、尊敬します」「いつも凄い。頑張ってください」など、ファンからも称賛の声が。さらに、「他に何かいるものはありますか?」「現地の様子、引き続き教えてください!」「私もボランティア参加したいです」などといったコメントも寄せられている。

◆熊本地震から継続して活動




九州・宮崎県出身の紗栄子は、2016年の熊本地震の際、500万円の寄付をしたことをInstagramにて報告。その後も継続して物資の配達や、炊き出しのボランティアを行い、さらに、今回の集中豪雨の前には熊本の子供たちとのメイクレッスンの準備を進めていたと明かしていた。(modelpress編集部)

情報:紗栄子

【Not Sponsored 記事】