「kurashiru」より(パソコンでの再生時)

写真拡大

「ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠しているアプリがスマートフォン(スマホ)に入ったまま」という人も少なくないはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉をよく聞くが、ダウンロード数ではなく、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。

 本連載では、そんな「アプリの視聴率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気のアプリの実態について聞いている。今回も、同社のチーフビジネスマネージャー・岡田雄伸氏に「2017年1〜3月」の動向について聞いた。

●「クックパッド」と何が違う?料理アプリが躍進

――16年7〜9月では「ポケモンGO」「AbemaTV」、10〜12月は「日経電子版」「Coke ON」などが挙がりましたが、17年1〜3月を象徴するアプリはなんでしょうか?

岡田雄伸氏(以下、岡田) 1〜3月と少しずれてしまうのですが、3月末から4月末にかけて猛烈にDAU(1日に利用したユーザー数:App Apeにおいては1日に一度以上アプリを起動したユーザー数)を伸ばしている「DELISH KITCHEN」「kurashiru」という2つの料理アプリになりますね。

――料理アプリは定番というよりも、もはや飽和しているようにも見えますが、なぜ今、この時期になって伸びたのでしょうか。

岡田 テレビCMですね。いずれも、積極的にこの時期にCMを流していました。CMだけでなく、情報番組で紹介される機会も多かったです。

――「kurashiru」の運営会社delyのホームページを見ると、17年3月だけでテレビでは『めざましテレビ』(フジテレビ系)、『ZIP!』(日本テレビ系)、『スッキリ!!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)と、朝夜を問わず情報番組で紹介されています。さらに新聞や雑誌を含めれば、猛烈といっていいくらいのメディア露出です。

岡田 やはり、一般ユーザーに使ってもらうにはテレビCMが有効なんですよね。また、この2つのアプリの特徴は「レシピ動画アプリ」であることです。「クックパッド」でも「クックパッド料理動画」などのサービスを運営されていますが、「DELISH KITCHEN」「kurashiru」はレシピがすべて動画で、かつアプリ上で説明されています。「クックパッド」はユーザーがレシピを読むスタイルですが、「DELISH KITCHEN」と「kurashiru」は、とても感覚的かつ直感的に使えるんですよね。

――「DELISH KITCHEN」「kurashiru」ともにレシピ動画が1分前後でまとめられていて、つい見てしまう感じですね。アップで撮影されているので、スマホの小さい画面でも見やすいです。

岡田「クックパッド」でも一部でプロが提供しているレシピもありますが、「DELISH KITCHEN」「kurashiru」は調理から撮影まですべてプロによるものなので、きれいで見ているだけでも楽しいというのはありますね。見栄えのいいレシピが多く、盛り付けまで撮影されているので、「インスタ映えする料理をつくりたい」というニーズにも応えています。

●「ホットペッパー」「ファミマ」より人気の衝撃

――これらの料理アプリは、ほかのアプリと比べて、どのくらい利用されているのでしょうか?

岡田 詳細な順位はお伝えできないのですが、アプリジャンル「フード&ドリンク」カテゴリにおいて、「DELISH KITCHEN」と「kurashiru」のDAUは、「ホットペッパーグルメ」や「ファミリーマート」のアプリよりも多いです。「クックパッド」はもっと上位ですが。

――料理は毎日のこととはいえ、「ホットペッパーグルメ」や「ファミリーマート」といった“鉄板”のアプリよりも高頻度で使われているのですね。「DELISH KITCHEN」「kurashiru」は、女性人気が高いのでしょうか?

岡田 いずれも、モニター利用動向を見ると7対3で女性が多いです。男性は3割ですが、けっこう見ていますよね。なお「クックパッド」も男女比はだいたい同じです。「DELISH KITCHEN」「kurashiru」は「クックパッド」に比べて、高年齢層のユーザーがまだ少ないですね。

 また、利用動向を見ると、「DELISH KITCHEN」「kurashiru」「クックパッド」は競合するというより併用しているユーザーが多いです。「DELISH KITCHEN」「kurashiru」は「こんなレシピもあるんだ」と流し見する一方、「今冷蔵庫にあるものだけで何かつくりたい」という場合は、すでにある材料で何かつくれるかを検索できて、さらにレシピ数が多い「クックパッド」が便利です。3つのサービスは、競合するというより共存していくのではないでしょうか。

――ありがとうございました。

●ネットは「見たいものだけ見る」時代に?

 読者のレシピ投稿が主体の「クックパッド」と、運営会社側がレシピを提供している「DELISH KITCHEN」「kurashiru」。このような「ユーザー参加型、自由な双方向型のネット」と「管理されたネット」の二極化は、料理ジャンルに限らない。

 個人間売買サイトも「誰でもいつでも販売できる」タイプと、数は少ないが「販売できる人は運営により制限されている」タイプがある。制限されているサイトでは、運営側の目利きにかなったものしか販売されていないため、速やかに買い物ができるだけでなく、「DELISH KITCHEN」や「kurashiru」同様にフォトジェニックかつ不快な要素が入りこむ余地がないので、ブランド価値を向上させやすくファンも増やしやすいのだろう。

 誰でもいつでも参加や発信ができるサービスは自由で、運営側が思いもよらない新しい要素や展開が生み出される可能性はあるが、それゆえ玉石混合になり、不快な罵詈雑言や真偽不明の情報が飛び交うことすらある。

 フラーのオウンドメディアで、14年から16年にかけてソーシャルネットワーク系アプリのMAU(1カ月に利用したユーザー数)数のランキングの推移を追った記事がある。

 同記事において、トップ3の顔ぶれは「フェイスブック」「ツイッター」「グーグル+」で3年間変わらなかったが、2ちゃんねる系アプリは16年にはランク圏外まで落ちてしまっていた。「2ちゃんねる」凋落の背景には「見たいものだけを見る(見たくないものは見ない)」というソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利点が支持されているという事情もあるだろう。

「なんでもあり(嫌なら見るな)」はかつてのネットのお約束だったが、不快なものや品質を満たさないものをユーザーが自由に選別したり、そもそも運営側が土俵に上げさせなかったりする「秩序系サービス」の存在感が増しつつある。
(文・構成=石徹白未亜/ライター)