25日、中国の女優チャン・ツィイーが「義理の娘を利用してイメージアップを図っていた」と、一部のネットユーザーから非難されている。

写真拡大

2017年3月25日、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)が「義理の娘を利用してイメージアップを図っていた」と、一部のネットユーザーから非難されている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

チャン・ツィイーは15年、中国の人気ミュージシャンのワン・フォン(汪峰)と結婚し、同年12月に娘を出産。ワン・フォンには過去に交際していた中国人モデル、ゴー・ホイジエとの間にも11歳の娘がいるが、これまでチャン・ツィイーの中国版ツイッターによく写真が登場し、現在はこの義理の娘を加えて、家族4人で生活していると思われていた。

しかしこのほど、トーク番組に出演したワン・フォンの口から、長女が祖母と暮らしていることが明らかに。このため、チャン・ツィイーが「義理の娘を利用してイメージアップを図っていた」と、一部のネットユーザーから非難が噴出。これまでゴー・ホイジエはSNSを通じ、「娘を利用しないで」と激しい口調でチャン・ツィイーを何度も攻撃しているが、「その理由が分かった」などといった声も上がっている。

こういった批判に対し、チャン・ツィイーを擁護する声も多い。「同居していないと悪い継母なのか」「ツィイーもワン・フォンも忙しい。祖母が面倒を見るのは何もおかしくない」「継母というのは難しい立場。多感な年頃の少女にとっては最もいい選択だ」などといった意見が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)