長く大切に着たいお気に入りの洋服たち。だからこそ知っておきたいのが、洋服の寿命を短くしてしまうちょっとした悪習。今回は洋服にダメージを与えるNG行動についてご紹介します。

1. こまめにドライクリーニング

洋服の繊維が傷みにくいという利点のあるドライクリーニングですが、ときにプリント柄がはがれたり、接着してある装飾パーツがとれる原因となることがあります。
ドライクリーニングのマークが表示されていると、ドライクリーニングをしなくてはいけないのかと思いがちですが、正しくは「ドライクリーニングができる」の意味。つまり、ドライマーク・水洗いマークが共についていれば、ドライマークがついていても水洗いできるということになります。洋服を長持ちさせるためには、ちょっとした汚れは水で部分洗いするなどして、ドライクリーニングをしすぎないことが大切です。

2. レザーを畳んで収納

アイロンができないレザージャケットやレザースカートなどのアイテムは1度シワがつくととっても厄介。シワを防ぐためにもレザーアイテムは畳まず、ハンガーにつるして収納するのがベスト。そこで洋服にハンガー型がつかないように、肩幅の大きめな専用ハンガーを使用するのが◎。

3. 革靴は買ったらすぐ履く

防水スプレーは新品の靴に使用するのが、革靴の汚れを防ぐのにもっとも効果的。おニューの靴を今すぐ履きたい気持ちをぐっと堪えて、まずはお手入れから始めることで革靴の寿命がずっと長くなります。防水スプレーにはさまざまな種類があるので靴を購入したさいに、店員さんに靴に合ったお手入れグッズについてきいてみるのもいいかもしれません。

4. バッグを椅子にぶら下げる

バッグの素材にもよりますが、バッグの持ち手部分を椅子にぶら下げるのは持ち手の部分が伸びてしまったり、ダメージを与える原因になるので要注意。またバッグの保管は、風通しがよく直射日光が当たらない場所が最適。バッグはビニールなどに入れて大切に保管しすぎると風通しが悪くなり、カビが生えてしまうことも。袋に入れるのであれば布製のものを選ぶのが◎。

5. ジッパーを上げないで洗濯機にIN

ジッパーのある洋服を洗濯機に入れるさいは、ジッパーを上げるのを忘れないこと! ジッパーを上げないまま洗濯すると、ジッパー自体が壊れたりジッパーがほかの洋服を傷つけてしまう可能性があります。アイロンをかけるときも同じ。洋服の型崩れを防ぐためにもジッパーを閉めてからアイロンがけをするのが◎。

6. クリーニングのハンガーをそのまま使用している

ハンガーは洋服の形に合ったものを選ぶ必要があります。無料でもらえるクリーニングのハンガーは、ときに洋服の型崩れを引き起こし決定的なダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。