クルマのカテゴリーで現在最も人気があり、勢いがあるのがSUVです。SUVはスポーツ・ユーティリティ・ヴィークルの頭文字で、直訳するとスポーツ用多目的車となります。

悪路走破性に長けたクロカン譲りのスタイリングと乗用車と同レベルの走行性能、乗り心地を実現したモデルで、トヨタハリアーがブームの火付け役といえます。

その人気の高さは、2015年12月に登場したトヨタC-HRが約48000台、2016年2月に販売開始したマツダCX-5が約9000台という受注台数を見ても納得できます。今回は最新国産SUVの中からオススメの5台をピックアップしてみました。

■トヨタC-HR

1

2016年12月に登場したトヨタC-HRは、ハイブリッド車プリウスに搭載されたTNGAによる新プラットフォームを採用したコンパクトSUVです。ダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比が個性的なスタイリングが特徴。

搭載されるパワーユニットは、プリウス譲りの1.8L直4エンジン+モーターのハイブリッドシステムと1.2L直4ターボエンジンの2種類。ミッションはすべてCVTが組み合わされ、駆動方式はハイブリッドがFF、1.2ターボが4WDと搭載するパワーユニットによって駆動方式が異なります。

カテゴリーはSUVとなるC-HRですが、全高1550mmに抑えたスタイリッシュなクーペスタイルは80年代のスペシャリティカーの流れを汲んでいるようにも思われます。全車に衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンスPが標準装備され、価格は251万6400円〜290万5200円です。

■スズキイグニス

2016年2月に販売開始されたスズキイグニスは、コンパクトカーとSUVを融合させたコンパクトクロスオーバーモデルです。軽自動車を除いた国産車では最もボディサイズの小さなSUVと言えます。

全長3.7mという取り回しのしやすいボディは、SUVらしい高めのアイポイントを確保し、広い視界を実現。加えて最低地上高は180mmと、雪道や荒れた路面でも安心して走行できる実力派です。全車に1.2L直4エンジンにマイルドハイブリッド機構を搭載することで、2WD車はJC08モード燃費28.0km/Lという高い燃費性能を誇ります。

衝突軽減システムには2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用。左右2つのカメラで距離屋形を捉えてクルマだけでなく歩行者も認識し、2016年度予防安全性能評価最高ランクのASV++を獲得しました。イグニスの価格は138万2400円〜208万3320円となっています。

■マツダCX-3

2015年2月に登場したマツダCX-3は、全高1550mm以下に抑えることで都心部に多い立体駐車場に対応した都市型のコンパクトSUVです。搭載されているエンジンは1.5L直4ディーゼルターボエンジンのみで、低燃費と高い静粛性を両立しています。

販売開始以降、数回の改良が加えられエンジンの加速フィールを追求したDE精密過給制御、ディーゼルエンジン特有のノック音を抑えるナチュラル・サウンド・スムーザーを採用。そして、コーナリング時のハンドル操作に対して、横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールして車両の揺れを抑えたG-ベクタリングコントロールを搭載するなど、走りの質感を高めています。

安全装備は、ハイビームコントロールシステムやマツダレーダークルーズコントロールなどがパッケージングされたアイアクティブセンスを搭載。ミッションが6ATだけでなく、6MTも用意されているのが特徴です。CX-3の車両価格は237万6000円〜303万4000円です。

■マツダCX-5

2012年にマツダのスカイアクティブ技術をフル搭載した初代マツダCX-5が登場。そしてフルスカイアクティブ技術搭載車も2巡目に入り、2代目となるCX-5は2017年2月より販売開始されました。

深化がテーマの2代目CX-5は、先代とボディサイズは変わらないものの、Aピラーを後方に移動するなど、最適化が図られています。搭載するエンジンは2L、2.5L直4ガソリンエンジンに加えて2.2L直4ディーゼルエンジンの3種類。ミッションは全車6ATのみで、駆動方式は2WDと4WDを選べます。

安全装備では、目線を動かさずに情報を確認することのできるヘッドアップディスプレイをフロントウィンドウに照射する方式に変更し、交通標識も認識するようになりました。アイアクティブセンスと呼ばれる先進安全装備は全車追従機能付きのマツダレーダークルーズコントロールをはじめ、スマートブレーキサポートなどがセットとなっています。CX-5の車両価格は246万2400円〜352万6200円です。

■レクサスRX

トヨタのプレミアムブランドであるレクサス。現在ブランドの売れ筋車種となっているのが、2015年10月に2代目が登場したレクサスRXです。

2代目のRXは全長約4.9mとボディが大型化され、高い質感の室内空間も拡大されたことで、よりプレミアム感が高まりました。搭載されるパワーユニットは、2L直4ターボ+6ATと3.5LV6ガソリンエンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの2種類です。

グレードはスタンダードに加えて、スポーティ仕様のFスポーツ、豪華仕様のバージョンLの3タイプで、駆動方式は全車に2WDと4WDを用意しています。全車に全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールとプリクラッシュセーフティシステムなどがセットになったレクサスセーフティシステム+を標準装備し、価格は495万円〜742万5000円となっています。

(萩原文博)

今が旬! 人気沸騰中の国産SUVの最新5モデル【2017年版】(http://clicccar.com/2017/02/27/447825/)