80歳のおじいちゃんが作る「今日の昼めし」があまりにも斬新w

写真拡大

SNSが普及した今、Instagramなどで様々な料理画像が投稿されていますが、そんな中、80歳の男性が作るランチの画像が話題になっています。

80歳の父親がメールで送信

ローラ・オブライエンさんの、80歳の父親がeメールで送ってくるというランチの数々。

これがあまりにも斬新です。

「新種が見つかった:ハッシュ(ポテト)を食べて生存」

「卵を食べるプディング星人」

「亀のコールドプレート」

「希少種の鳥(鶏の味)」

ボローニャソーセージもお気に入りのようで、“ボローニャ・マン”のシリーズも秀逸…。

「ウィーンから来たロボット」

「生贄」

「ボローニャ・マン、リリーとティシューに会う」

好評のためブログを開設

オブライエンさんによると、彼女が離れて暮らすようになってから、父親がこのランチ写真を送ってくるようになったそうです。

これがあまりにも楽しく、Facebookでも好評たったのでブログを開設したとのこと。

父親はカナダ・ニューファンドランドの小さな街で生まれ、車の販売の仕事などをして家族を養ってきたといいます。

オブライエンさんによると「最高に楽しい人」だそう。

mydadslunch

mydadslunch

離れて暮らす親とのコミュニケーションは難しい場合も多いかと思いますが、こんなやりとりができれば楽しそうですね。