少量の飲酒で顔面紅潮や頭痛などが生じるフラッシング反応(shutterstock.com)

写真拡大

 下戸ではないが、「すぐ顔に出ちゃうんで、最初の1〜2杯程度なら」と照れ笑いを交えて盃を差し出す人がいる。遠慮でないのはわかる、その1杯目で顔がもう十分真っ赤かの茹ダコ状態なのだから......。これをフラッシング反応(Flushing reaction)と呼ぶ。

 このような飲酒による一時的な赤ら顔は病気ではない。しかし、下戸でも病気でもない相手だからといって「イケる口じゃないですか、さぁ、もう1杯、グググッと」なんて次から次へと酒を勧めるのは禁物だ。病気でない人の罹患率を高めてしまう可能性がある。

80歳までに「5人に1人(20%)」が喉や食道のがんに

 松尾恵太郎・愛知県がんセンター研究所部長らが先日、欧州の医学誌に発表した研究報告が耳目を集めている。なんでも飲酒で即、顔を赤らめる体質の人が大量飲酒を続けると、80歳までに「5人に1人(20%)」が喉や食道のがんになる公算を突き止めたという。

 松尾部長らは研究に際し、がん患者(約1300人)とがんではない人たち(約1900人)を対象に、酒の分解にかかわる遺伝子「ALDH2」の型および飲酒習慣を調べた。

 この2型アルデヒド脱水素酵素(aldehyde dehydrogenase 2 : ALDH2)は、アルコールの代謝で生ずるアセトアルデヒドを酸化する酵素であり、人それぞれの酒に強い/弱いはこの酵素の遺伝的多型(polymorphism)に大きく依存して影響されている。

 今回の分析結果によれば、下戸ではないが赤くなる遺伝子型を持つ人の場合、アルコール量にして1回46g以上(=日本酒換算で2合以上に相当)、それを5日以上摂取すると、前述のごとく、80歳までに咽頭がんや食道がんになる確率が約20%に達すると判明した。

 従来からフラッシング反応を有する人のがんの可能性/危険性については報告例があるものの、その具体的確率を詳細な調査で算出した点が、今回の研究の真新しさである。

 アルデヒド脱水素酵素(ALDH)には、アルデヒドが低濃度の時に働く「ALDH2」と、高濃度にならないと働かない「ALDH1」があり、日本人の約半数は生来「ALDH2」の活性が弱いか欠けている。
酒豪と下戸の分れ道は遥か太古の昔まで遡る

 それは遥か遠い昔の話――。人類が「黒人」「白人」「黄色人」の3大人種に分岐後、なぜかモンゴロイド(=蒙古系人種/黄色人種:Mongoloid)の中から突然変異的にALDH2の活性を消失してしまった人々が出現した。

 さらに時代が進むに連れ、モンゴロイド系の人種には「お酒に弱い」という傾向が広がっていったとされている。

 この活性が低い(ALDH2低活性型)、ないしは欠けている(ALDH2不活性型)という傾向は、今日、モンゴロイドの特徴だ。コーカソイド(白色人種:Caucasoidやニグロイド(黒色人種:Negroid)には低活性型の存在が見られない。

 一方、第四の人種とされるオーストラロイド(オーストラリア人種:Australoid)に属する「アボリジニ」の場合、モンゴロイド以上にアルコールに対する耐性がより低い。アボリジニ居住区を訪れる際、酒類の持ち込みおよび飲酒の勧めが豪州の法律で規制されている背景にはそんな事情がある。

 飲酒で顔が赤らむフラッシング反応はアセトアルデヒドの作用によるものだ。アセトアルデヒドは毒性が強く「悪酔い」「二日酔い」の原因ともなる。ALDH2低活性型の人は毒性が体内で分解されにくく、長く留まることからこの毒性の影響を受けやすいのだ。

がんリスクを軽減できる目安

 では、それでも嗜み程度にはお酒を楽しみたいという低活性型の愛飲家は、どれくらいを目安にすれば、がんリスクを軽減できるのか?

 松尾部長らの研究報告によれば、飲酒がやや多め(アルコール量23〜46g/週5日以上)の場合、80歳までのがん確率は約5%。もう少し我慢して少量、いや中量でも週5日未満の嗜みであれば約2.5%まで激減する。

 最後に、顔が赤くならない人が大量飲酒を続けた場合のがん確率を示しておこう。同じ条件下で大量ならば約3%、やや多めの飲酒で約2%と判明している。

 どのような場合であれ、酒の強要はNG、なかでもフラッシング反応で赤ら顔の人に対しての強要は厳禁だということを覚えておこう。
(文=編集部)