ヘアカラー剤でアレルギーなど皮膚障害の事例 重症化することも

ざっくり言うと

  • ヘアカラー剤の使用で、皮膚障害の事例が消費者庁に報告されている
  • 症状が現れると使うたびに重症化することもあり、同庁は注意喚起している
  • 専門家は、薬で症状が治まっても使用を継続するのは危険と指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング