シャルリー・エブド紙 パリ同時多発テロの風刺画を掲載

ざっくり言うと

  • 1月にパリの本社が銃撃されたフランスの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」
  • 連続襲撃事件を受け、18日発売の最新号でテロに関する風刺画を掲載した
  • 蜂の巣となった体からシャンパンが噴き出す男性の姿が描かれている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング