21日、韓国メディアによると、来月1日に開かれる見通しの日韓首脳会談を前に、日本人女性約1500人が、安倍晋三首相に従軍慰安婦問題の解決を求める緊急声明を発表した。これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2015年10月21日、韓国・聯合ニュースによると、来月1日に開かれる見通しの日韓首脳会談を前に、日本人女性約1500人が、安倍晋三首相に従軍慰安婦問題の解決を求める緊急声明を発表した。

【その他の写真】

東京大学名誉教授の上野千鶴子さんら約1500人で結成された「慰安婦問題解決の会」は、同日午後に発表した声明で、「日韓首脳会談で慰安婦問題を解決し、日韓関係を正常な状態に戻すことが重要」とし、「日本の首相は決断しなければならない」と訴えた。その上で、「被害者らが納得できる方案を日本政府が提示しない限り、解決は不可能」と述べ、「日本政府は加害事実を認めて謝罪し、被害者らに賠償するべきだ」と主張した。

これについて、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「勇気ある行動に拍手!」
「全ての日本人が安倍首相と同じ考えを持っているわけではないということが分かった。良心を持つ市民らに敬意を表したい」

「慰安婦問題を政治問題ではなく女性の人権問題として考えているようだ。そういうところを見ると、やっぱり日本は先進国だと感じる」
「国籍は関係ない。慰安婦問題は全ての女性の人権問題」

「慰安婦として連行された女性を助けに行かず、日本をまねして慰安所を造った韓国人の方が日本人よりひどい」
「慰安婦被害者はまず、韓国人男性に謝罪を求めるべき。日本軍に連行される女性を黙って見ていただけでなく、日本軍に入隊した人もいたのだから」

「ベトナム戦争の時、韓国軍も同じことをしていた。日本に謝罪を求めるだけでなく、われわれもベトナムに謝罪するべきではないか?」
「日本人がそう出るとは思わなかったから本当に驚いた。慰安婦問題に関心を持ってくれたことに感謝」
「彼女らのうちの1人が日本の首相になったら、日韓間の葛藤はなくなるだろう」(翻訳・編集/堂本)