私がお酒をやめることで起きた「7つのこと」

写真拡大

人間関係を築く上で、お酒が大きな助けになることは多々あります。でも、楽しい気分に身を任せていたら、ついつい飲み過ぎてしまうことも…。

Elite Daily」では、以前までパーティとお酒が大好きだったという女性ライターLauren Kroetschさんが、飲み過ぎをやめることで起こった、素晴らしい変化を綴っています。以下に、彼女の記事をまとめました。

01.
家でも楽しめることを発見

お酒を飲まない生活は、以前よりもつまらないものなのでしょうか?少なくとも、飲み会で誰に会ったのかさえ分からなくなるほど飲んでしまい、酔って交通事故を起こすことはなくなります。

友だちが浴びるようにウイスキーを飲んでいる間、家でゆっくりとお菓子を食べながら映画を見る。お酒に溺れて我を見失ってしまうよりも、ずっといいと思いませんか?

02.
本当の友だちに出会えた

夜遊びにいかなくても、本当の友だちとなら楽しく過ごせるはず。夕食に出かけたり、公園で犬と散歩をしたり、映画やコンサートに行ったり、楽しいことはたくさんあるのです。

03.
取り残される不安は
すぐに乗り越えられる

みんなが集まるパーティやイベントに参加しないことで、不安を感じてしまう人もいるかもしれません。

確かに、自分が参加していないイベントの楽しい思い出を聞くのは、あまり気持ちのいいものではありません。夜遊びをしないと新しい人との出会いはなくなりますが、気持ち悪いのにタクシーの運転手と会話する必要も無くなります。はじめのうちは友だちに嫉妬するかもしれませんが、大丈夫。すぐに乗り越えられます。

04.
お金が減らない

バーでお酒を飲むことは楽しいかもしれませんが、かなりお金を使うのも事実。浪費を控えて、余ったお金で欲しかった物や、ずっとやりたかったことに使うほうが得策では?

05.
努力しなくても
自然と痩せる

お酒が原因で、太ってきたというあなた。禁酒することで、夜中にお腹が減って衝動的に食べることを防げます。飲んだ次の日に、朝からドカ食いしてしまうこともないでしょう。

お金を使う機会も減るので、新しい服だって買えます。今までよりもワンサイズ小さい服を、気持ちよく着れるのです。

06.
次の日もスッキリ
早起きも余裕に

夜遊びして、朝方に寝る。そして起きたら2日酔いで最悪な気分、なんてよくあること。お酒を飲まずに早寝早起きをすれば、朝の時間も無駄にせず、他のことにゆったり時間を費やせます。

07.
記憶をなくすことも
恥ずかしい失態もない

お酒を飲んでバカなことをして、次の日に穴があったら入りたくなるほど恥ずかしい気持ちになることもあるでしょう。覚えていなかったり、思い出したくないことだったり…。でも、そんな心配はもう無用。だって、覚えていないより、覚えているほうがいいでしょう?

…と、長々と書きましたが、友だちとお酒を飲むのが楽しいのは事実です。ただ、お酒をやめたことで、お酒なしでも楽しい時間を過ごせる本当の友だちを見つけることができました。朝型人間になって、何の努力もせずに5kg痩せることにも成功しました。

さらに嬉しいことは、以前より少量のお酒でもいい気分になれるようになったこと。今では飲み過ぎることなんてありませんよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily