就活で飲食店のアルバイトをアピールする学生が多い。なぜなのか、それは本当に有効なのか。千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏が教える。

 * * *
「学生時代に力を入れたことは、飲食店でのアルバイトです。いつも相手の顔を見て、笑顔を心がけ、あたたかいコミュニケーションを意識しました。結果として、お客さんにも笑顔で帰ってもらいました。アルバイトで磨いた、この笑顔とコミュニケーション能力を活かし、御社では営業として頑張りたいと思います!」

 きましたね。よくある、就活での「飲食バイトで、“コミュ力”身につけました」アピールです。エントリーシートでも、面接でもよく使われるネタですね。

 このアピールは突っ込みどころがいっぱいです。お客さんが笑顔で帰ったのは、生中とツマミが美味かったからですよ。あなたの笑顔は、ウザいと思っていたかもしれません。

 それは冗談として、笑顔だけで営業では活躍できませんから。目標達成意欲、戦略性、提案力が必要ですから。

 いや、飲食店アルバイトをしたらダメというわけではないのですが、このアピールの仕方は、誰もがやることであり、没個性的です。面接官に響くアピールにはなりません。「またか」と思ってしまいます。

 それにしても、この「飲食バイトでコミュ力磨きました」アピールというテンプレ、何故、そうなるのでしょう?これには、ちゃんと理由があります。

 まず、なぜ飲食バイトをアピールするのかについて考えてみましょう。4月から大学の専任教員になりました。今まで以上に学生との接点が増えました。学生がしているアルバイトは、ほとんどが広義の飲食店です。

 データでも見てみましょう。リクルートジョブズの「タウンワーク」が、2014年春に社会人1年目〜3年目に対して行った「大学生での初バイトランキング」(大学を卒業した22歳〜25歳の社会人600人に、2014年3月27日〜4月7日に実施 調査協力:株式会社クロス・マーケティング)によると、男性ではベストテン内に、第3位にファミレス、第5位に居酒屋、第6位にファストフード、第8位に飲食店スタッフが、女性は第2位に飲食店スタッフ、第4位にファストフード、第5位に居酒屋、第6位にファミレス、第7位にカフェが入っています。

 なお、男女とも第1位はコンビニでした。あくまで「大学生での初バイト」でありますし、第1位になっているわけではないのですが、ベストテンの中にこれだけ飲食系のアルバイトが入っています。

 ブラック企業対策プロジェクトは4月28日に「ブラック企業対策プロジェクト 学生アルバイト全国調査結果(全体版)」を発表しました。これは、全国の27 の国公私立大学に在籍する大学生(国立大学3大学、公立大学1大学、私立大学23 大学)に対して、2014年7月に実施し、詳細版調査票有効回収 3227 票、短縮版調査票有効回収1475 票、計4702 票をもとに集計した、労作です。

 これによると、大学生が「これまで経験したアルバイト(複数回答)」について居酒屋18.7% 、ファストフード店・チェーンのコーヒー店15.4%、その他のチェーンの飲食店29.3%、その他の個人経営の飲食店10.1%との回答がありました。学生がどの業種でアルバイトをしているのかは、この調査の主目的ではありませんが、それでも、かなりの割合が飲食店でアルバイトをしていることが伺えます。

 さらに、飲食バイトといえば、シフト問題があります。そう、人手不足であるがゆえに、社会のことをよく知らない、店長よりも年齢が下である学生にバンバン、シフトを入れるのです。学生たちを見ていると、別に生活費に困っているわけでもないのに、言われるままに週5のシフトが組まれていくわけです。当然、学業も阻害されます。ブラックバイトといえば、サービス残業、ノルマ達成のための商品購入の強要、各種ハラスメントなどが問題となるわけですが、実はこのシフト強要問題というのが学生にとって大きいのではないかと感じた次第です。

 先ほどご紹介した「ブラック企業対策プロジェクト 学生アルバイト全国調査結果(全体版)」によると、学生全体のうち25.7%、4人に1人が、「会社の都合で勝手にシフトを変えられることがある」と答えています。また、シフトに入りたくないときに、入れと言われた経験がある学生は32.3%、約3割にのぼっています。特に「居酒屋」においては、会社の都合による勝手なシフト変更の割合が高く34.6%にものぼっています。

 この手の話をすると、ネットでは「嫌ならやめろ」という論が盛り上がるわけですが、いや、若い学生にはそういう発想すらなかなかうまれないわけです。大学生は、いや高校から、ブラックバイト対策のための指導をするべきだと思った次第です。

 というわけで、いつの間にか「飲食店のバイトでいっぱいの大学生活」が出来上がってしまうのです。そりゃあ、就活でアピールのネタにせざるを得ないよな、という話です。

 さらに、「コミュ力アピール」ですが、これも大人がそう誘導してしまっている部分があります。経団連が毎年発表している、新卒採用に関する調査では、学生に求める力の1位は長年、「コミュニケーション能力」なのですね。ただ、これはカラクリがあって、「24の能力要素から、必要だと思う力を5つ選択する」という方式なのです。もちろん「コミュニケーション能力」は必要ですが、企業は「最も求める力」として回答していない可能性があるのですね。

 最後に、飲食店バイトをアピールネタにしたい皆さん、そこで身につけたことでコミュニケーション能力よりも、目標達成意欲、成長意欲、チームワークなどをアピールした方が響きますよ。コミュニケーション能力が高いかどうかは、会話のやりとりなどから判断されますからね。

 というわけで、気づけば「学生時代に力を入れたことは飲食アルバイトでコミュニケーション能力を磨いた」と連呼する学生を、社会が作り上げているとも言えるわけです。みんな、マニュアルを読んだような同じようなことを言うなよと思ってしまうわけですが、それは大人たちにも責任があるのではないか、と。そう考えた次第です。皆さんはどう思います?