22日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、女優の市原悦子が放送禁止用語を連発する事態が発生した。

この日の「プレミアムトーク」コーナーには、ドラマ「家政婦は見た!」などで有名な市原がゲスト出演し、夫との馴れ初めや女優業についてトークを展開した。市原はとくに、犯罪者の役を演じるのが楽しいのだとか。

そんな中、トークは市原が声優を務めたテレビアニメ「まんが日本昔ばなし」の思い出話に。ここでスタジオには同番組でお馴染みのオープニングテーマが流れ、司会の井ノ原快彦も「この声に育てられましたねえ」としみじみ語っていた。

市原は「日本昔ばなし」の中でも、特に「やまんば」の話が気に入っているそうだ。周囲の人間からは、「やまんば」が特に評判がいいのだという。

市原はこの好評の理由について、「いいですか? こんな話して」と断った上で独自の考察を披露した。

彼女は「やまんば」について「世の中からずれた、外れた、落ち込んだ人が山に行って。例えば“○○”になった人」「人減らしで捨てられた人」「外国から来た“××”」など、疎外された人たちが原点なのではないか、と独自の解釈をしてみせた。

そうした「やまんば」は強い反骨精神と憎しみを抱え、人に対して激しい攻撃性をみせるが、一方で「心の通じた人とはこよなく手をつなげる」とし、市原は「その極端が好き」なのだと熱弁した。

市原の解釈には井ノ原も温かい口調で「虐げられているからこそ、愛情をすごく欲しがっているんでしょうね」と同意を示し、スタジオは落ち着いたようすをみせていた。

ところが番組終盤の「ダーウィンが来た!」コーナーに移る前、有働由美子アナが「ここでひとつ、お詫びがあります」と切り出し「『プレミアムトーク』の中で『○○』『××』という発言がありました。体の不自由な方や外国人の方々を傷つける言い方でした。深くお詫びいたします」と頭を下げ、謝罪していた。

【関連記事】
阿部サダヲの過去の芸名がピー音で伏せられる事態が発生
ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスがラジオ番組で放送禁止用語を発言…「干されかけている」と告白
ISSAの放送禁止発言が「差別表現」だったと番組でアナが謝罪