新型コロナ禍が世界の自動車業界に激震をもたらす中、バブル時代に一世を風靡し、三菱自動車のブランドイメージのけん引役を担ってきたクロスカントリー4×4、「パジェロ」が2021年上半期までに生産終了することが正式にアナウンスされた。パジェロを捨てた三菱自動車は、この先どうやって生き残るのか──。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。【写真】三菱ブランドのけん引役だった「パジェロ」***