スマホでファイナルファンタジーXIIIが動く、遊べるぞ!実際にプレイしてみてわかったこと

写真拡大 (全4枚)

スマホでプレステ3のファイナルファンタジーXIIIが遊べる。
人のそんなことを言えば、「またまた〜」とか、「すごい」とか、答えが帰ってくるだろう。

最近のスマホは高性能化している。だからプレステ3のゲームも動くかもしれない思う人もいるかもしれないが、さすがに高性能なプレステ3のゲームを普通に動かすのは、まだ無理だ。

しかし、その無理を、ファイナルファンタジーで有名なスクウェア・エニックスはやってのけた。
なんと、プレステ3で販売していたファイナルファンタジーXIII(13)がスマホで動くのだ!

●スマホ版ファイナルファンタジーXIIIの秘密はクラウドとストリーミング
さすがにファイナルファンタジーXIIIの高精密なCGをスマホで動かすのは無理。しかしながら、スクウェア・エニックスが持っているゲームサーバで動かして、動画という形式でスマホに表示させるのはできるという。

つまり、スマホには家庭のテレビと同じような役目を果たしてもらいましょうということだ。
ゲームを動かすサーバ        → クラウドに設置
サーバで実際に動いているゲーム画面 → ストリーミングでスマホに表示


ストリーミングゲームには良い点が多いようだ

●実際にファイナルファンタジーXIIIを動かしてみるとどうなる?
ゲームを動かすには、対応しているゲーム機と安定してインターネット通信(Wi-Fi推奨)、それとDIVE INという専用アプリが必要となる。
実際に筆者のiPhone 6 PlusにDIVE INアプリを入れ、ゲームを動かしてみた。
対応しているゲームは以下のもの。
・ファイナルファンタジーVII(7)インターナショナル
・ファイナルファンタジーVIII(8)
・ラストレムナント
・ファイナルファンタジーXIII(13)
・ファイナルファンタジーXIII-2(13-2)
・シーズンオブミステリー
(2014年12月現在)

今回はファイナルファンタジーXIII-2を起動してみよう。
起動すると、プレステ3で起動したそのままの画面が表示される。なお、操作は画面上で表示されるキーをタップするバーチャルコントローラーによって行う。


キーボードの無いスマホではどうしてもこのような操作になってしまう

●意外としっかり動く、しかし、気になる点も
最初はWi-Fi接続したiPhone 6 Plusで起動してみた。
画質もキレイで、ちゃんと動いてくれた。ほとんど処理落ちも感じなかったほどだ。
起動前に想定していた「どうせストリーミングだから動きがカクカクしているんでしょ」と言うイメージは、大間違いだった。非常に滑らかに動くので驚かされた。スクウェア・エニックスの実力を思い知らされた。

では、Wi-FiではなくLTEなどのモバイルデータ通信ではどうだろう。
LTE通信でゲームを動かしてみたところ、まれに画質が低下することもあったが、こちらもWi-Fiに劣らず快適に遊ぶことができた。
ここまでは、いいことずくめだが、気になる点も少なからずあった。
それは、データ通信量だ。
約10分遊んだところ、おおよそ380Mバイトの通信を行っていた。つまり、1時間で遊ぶと、2.3Gバイトになる計算だ。
通信プランにもよるが、1時間遊んだだけでMVNOなどの格安プランを利用している人の中には通信規制対象になってしまうこともある。


モバイルデータ通信で遊ぶには利用するデータ量が多すぎる

また、ゲーム途中でアプリを終了させてしまうと、セーブしていない部分は無かったことになってしまうこともあった。
スマホでファイナルファンタジーXIIIを遊ぶ場合、通勤通学の移動中よりは、自宅でWi-Fiを使ってじっくり遊ぶほうがベターだろう。

とはいえ、これらの多少気をつける条件こそあるが、スクウェア・エニックスのDRIVE INを使ったスマホでのファイナルファンタジーXIIIは、予想以上に滑らかに動いて、しっかり遊ぶことができた。
ファイナルファンタジーXIII-2の料金は、30分間は無料、3日間は300円(税別)、30日間で1,530円(税別)、365日間では2,200円(税別)となっている。

ゲームごとの課金となっているが、年間2,200円でプレステ3クラスのゲームをスマホで楽しむことができる。
ストリーミングゲーム、新しいスマホゲームの遊び方となるかもしれないという期待が膨らんだ。
新しいモノ好きな人は、はぜひ試すべきだ。

DRIVE IN|スクウェア・エニックス
布施 繁樹