アメリカではコロラド州とワシントン州で嗜好品としての大麻が合法化されていますが、コロラド州エイヴォンにあるレストラン「Montana's Smokehouse」に、世界で初めて顧客が自分で購入可能な医療マリファナ自動販売機が設置されました。

Direct access pot vending machines to debut in Colorado next week
http://www.thecannabist.co/2014/04/11/direct-access-pot-vending-machines-debut-colorado-next-week/

Colorado’s first marijuana vending machine about to start operation | KDVR.com
http://kdvr.com/2014/04/11/colorados-first-marijuana-vending-machine-about-to-start-operation/

実際に設置されている写真はコレ。「ZaZZZマシーン」と呼ばれており、届いたばかりのため中身は空っぽです。


以下のムービーからはマリファナ自販機を設置している様子や、関係者へのインタビューを見ることができます。


マリファナは陳列されておらず、今のところ使用することはできませんが、現地時間で2014年4月20日までに正式に運用が始まります。


マリファナの補充は医療用マリファナを販売しているHerbal Elementsが担当するとのこと。


自販機を設置したAmerican Green社の親会社であるTranzbyte社の創設者Stephen Shearin氏は、「ZaZZZマシーンは、医療用マリファナを必要とする患者のニーズに応えたもの。特にシャイな人々が購入しやすくなるでしょう」と話しています。


カリフォルニア州にはカウンターの中にマリファナ自販機を設置している薬局がありますが、操作できるのはマリファナ調剤師のみ。ZaZZZマシーンは医療用マリファナの資格保持者であれば、有効なIDカードをスキャンすることで誰でも購入可能。世界で初めて、患者自身で購入可能なマリファナ自販機が公の場に設置されることになります。