米インテルは2014年1月6日(現地時間)、同社のセキュリティー製品とサービスを包括する「インテル セキュリティー」ブランドを発表した。傘下のセキュリティー企業「McAfee(マカフィー)」の製品を全てこのブランドに移行する予定で、事実上の「マカフィー廃止」となる。

これまで携帯端末向けに有料で提供してきたマカフィーのセキュリティー製品を無料化する計画があるとも明かした。

今回のブランド廃止は、マカフィー創業者のジョン・マカフィー氏が12年12月にグアテマラで不法入国容疑で逮捕されるなど、「お騒がせ行動」を繰り返していることが背景にあるという見方もある。