38ドル(約3900円)のタブレットを2014年初頭にアメリカで発売することを、モバイル端末メーカーのDatawind社が明らかにしました。

A Full-Featured, $38 Tablet Is Coming to the U.S. - Digits - WSJ
http://blogs.wsj.com/digits/2013/12/16/a-full-featured-38-tablet-is-coming-to-the-u-s/

Datawindのスネート・シン・トゥリCEOはインタビューの中で、「金銭的な余裕の有無が、インターネットにアクセスできない理由となるべきではありません。我々は今まさにインターネットを使用できずにいる顧客にこの商品を届けたいのです」と、格安タブレットの販売目的について語りました。ピュー研究センターによると、アメリカでは成人の約15%がインターネットを利用していないとのことで、Datawindが格安タブレットのターゲットとして考えているのはまさにこの層です。

また、トゥリCEOは「端末のスペックを見て我々のタブレットを批判するのは簡単なことです。しかし、このような低価格のものが、インターネットにアクセスできないでいる人々を解放できるのです」とも述べています。

38ドルで発売されるのはUbiSlate 7Ciというタブレット。OSにはAndroid 4.0.3が搭載されており、SNSを使ったり、Wi-Fi接続を使用したり、もちろん各種アプリを利用することも可能。

詳細なスペックは以下の通り。

画面:7インチ、解像度800×480
本体容量:4GB
メモリ:512MB
CPU:1GHzのCortex A8プロセッサ
カメラ:0.3MP
外部端子:microSDカード

性能や設計面で印象的な特徴は全くなく、安く販売できる主な理由については、「部品が現在の技術標準よりも遅れているので、製造コストが比較的割安になるため」とのこと。同社は、38ドルのUbiSlate 7Ci以外にもタブレットをリリースする予定で、価格帯は38ドルから149ドル(約1万5000円)までの範囲に収まるようです。