台湾のネットカフェでネットゲームをしていた男性が死亡するという事件があった。原因いは低体温心停止。怖いのは、その事実に誰も気がつかず、男性が数時間放置されていたということだ。男性は23時間連続でゲームをし続けていたと見られている。個室のタイプではないネットカフェだったが、男性がパソコンに向かって手を伸ばしている状態で死亡していたことからも、周りの利用者は誰も気がつかなかったという。

ネットでは死亡した男性が運び出される様子の画像に「怖い」「これは死んでると思わないかも」などのコメントが寄せられている。

それにしても、ゲームをしながら人が側で亡くなっても気がつかないというのはやはり怖い。

ネットカフェでゲーム中に男性死亡、誰も気付かず放置 台湾 ■関連記事
企業も大注目! クールなガジェットが好きな女子が急増中【話題】
AmazonがシアトルにKindleストアをオープン! 電子書籍に興味がなかった人にどこまで響くか?【話題】
1kW当たり全国平均より約20万円お得―激安!太陽光発電プラン【話題】
タフな防水コンデジに欲しかった機能満載!―パナソニック「LUMIX DMC−FT20」を2月16日発売【売れ筋チェック】
魁!! ビデオ道場 2012年2月号【ビデオSALON】