大迫力のレースを体感できる

写真拡大

   「競艇」の呼び方で親しまれてきたモーターボート競走が2010年度から呼称を「BOAT RACE(ボートレース)」に変更、競技の国際化をはかるとともに関心が薄かった若年層や女性を取り込もうと取り組んでいる。

   「競艇場」は「ボートレース場」に、「競艇選手」は「ボートレーサー」にそれぞれ呼び名を変えたほか、ボートレース場の改修も5年前から進んでいる。カップルや家族連れ、女性同士でも気軽に来場できるよう、館内は冷暖房を完備し、カップルシートも用意。屋外席では大迫力のエンジン音やスピード感が体感できる。

   レース場のサポート体制にも力を入れており、外国人観光客からの高い関心もあって英語・韓国語・中国語・台湾語対応のホームページやパンフレットを用意(福岡ボートレース場など)。入場ゲートそばには「インフォメーションコーナー」を設置し、スタッフがビギナーにわかりやすく説明している。また、以前はレース場やボートピアでしか購入できなかった舟券は、現在では電話・インターネットを通じて購入できるようになった。

   それ以外にも、iPhone/iPod touch向けの無料ボートレースゲームを用意しているほか、レース場ではレース用モーター付きボートを現役選手の操縦のもとで試乗できる「ペアボート試乗会」を実施(平和島、蒲郡ほか)している。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!