チョイ不良オヤジの"太郎ちゃん牛乳カステラ"

写真拡大 (全5枚)

先週のアキバ物欲で紹介した萌え系お土産"おでんカレー"は、"アキバ発"をキャッチフレーズにしたお土産の第2弾だ。第2弾というからには、第1弾があるわけで、今回は"アキバ発"の第1弾である"太郎ちゃん牛乳カステラ"を紹介する。

■麻生大臣の人気にあやかりたい

"太郎ちゃん牛乳カステラ"は、現職の"麻生太郎外務大臣"+"カステラ"という、"おでんカレー"にも引けをとらない異色の組み合わせが魅力のお土産商品だ。どのような経緯で、"太郎ちゃん牛乳カステラ"が誕生したのだろうか? 販売元である株式会社 大藤の広報担当者に開発までのいきさつを伺ってみた話をまとめるとこうだ。

麻生大臣は、自ら「漫画雑誌を読み流している」と発言するほどのコミックファンで、「ローゼン閣下」「ローゼン麻生」との異名を持つ人気者である。秋葉原の人々からも絶大な支持を受けており、先の自民党総裁選での秋葉原駅前の決起集会では、アキバ系の追っかけまで出たという話だから驚きだ。そんな大臣の人気にあやかるべく考案されたのが、"太郎ちゃん牛乳カステラ"だというのだ。
写真:箱の裏面には、ちょい不良オヤジ"太郎ちゃん"のコミカルなイラストが描かれている
写真:箱の側面にも、"太郎ちゃん"のイラストが見える

■"太郎ちゃん牛乳カステラ"のこだわりとお味は?

"太郎ちゃん牛乳カステラ"は、一般のカステラとどこが違うのだろうか? 製造元の株式会社 大藤の担当者に"太郎ちゃん牛乳カステラ"へのこだわりを伺ってみた。
通常、カステラの生地には牛乳を入れないそうだが、"太郎ちゃん牛乳カステラ"は生地に牛乳を使用することで、牛乳のコクとまろやかさを出しているそうだ。具体的な製造方法は明かせないが、"太郎ちゃん牛乳カステラ"では"やわらかさ"と"口当たりのよさ"を重視しているという。

さて、こだわりのある"カステラ"というからには、味が気になるところだ。早速、"太郎ちゃん牛乳カステラ"を購入し、試食してみることにした。箱の中の銀色の袋を明けると、6個に切り分けられたカステラが入っており、包丁やナイフを使って切り分けなくても、すぐに食べられるようになっている。
写真:箱を開けると、銀色の袋が入っている

"太郎ちゃん牛乳カステラ"を試食してみると、カステラの生地には適度な弾力があり、口の中にほおばると、カステラとミルクのほどよい甘みが口の中に広がり、なかなかの美味しさだ。見ためは、和菓子屋さんで売られているカステラと同じで、麻生大臣の焼き印などは一切ないため、箱を見なければ"太郎ちゃん牛乳カステラ"とはわからない。
写真:これが"太郎ちゃん牛乳カステラ"

■アキバ発は面白さ+美味しさ

"おでんカレー"と同様にバックストーリーが考えられており、「牛乳とカステラが大好きな"太郎ちゃん"のために、牛乳たっぷりのカステラを作った」という、ほのぼの系の物語となっている。
気になる売れ行きはというと、これが好調だそうで、毎日500個が随時売り切れてしまうほどの大盛況ぶりだという。実際、筆者が秋葉原へ"太郎ちゃん牛乳カステラ"を購入しに行った日には、2店舗が売り切れの状態で、運良く、3店舗めで購入できたが、「今日は購入できないのでは?」と思ったほどだ。

"アキバ発"のお土産は、食にうるさいアキバ通を相手にしているだけに、"太郎ちゃん牛乳カステラ"も、単に面白いだけでなく、美味しさも兼ね備えているといえそうだ。

価格:500円
販売店:秋葉原ラオックスアソビットキャラシティ、ラジオ会館"壽屋"、メルシー(秋葉原)、寿々免堂、前田商店、中川物産、東京タワー内売店など

■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース
【アキバ物欲】パソコン"ゲームボーイPC"!片手で持ち歩けるほど超コンパクト
【アキバ物欲】インテル vs AMD!最強4コアCPUの真実 - アキバの"神様"こと、インテル天野氏が語る
【アキバ物欲】めしあがれ、お兄ちゃん!早くも大ヒットのアキバ発 萌え系お土産"おでんカレー"
【アキバ物欲】アイドルから語学まで!ラジオ番組をPCで録音して通勤電車で聞ける「USB AM/FM RADIO」
【物欲アキバ情報】暗黒面への誘惑!ダース・ベイダー甲冑"1/1暗黒卿"

株式会社 大藤編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.