「うちのショーヘイに何してんだ!」大谷翔平、顔面ヒヤリの投球に球場から大ブーイング「みんなで翔平を守る」「大谷にぶつけたらやばいだろうなw」

写真拡大

【MLB】エンゼルス−レンジャーズ(9月30日・日本時間10月1日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場したこの試合。第3打席では顔面付近に向かってきたボールに思わずヒヤリ。このシーンに、球場からは大ブーイングが起こった。

【映像】顔面付近のボールに大谷翔平もびっくり

 5回裏、1死二塁でこの日の第3打席を迎えた大谷。レンジャーズ先発・オットーの初球、インコース高めのボールは顔面付近へ。これに大谷自身はちょっと驚いた程度のリアクションだったものの、球場の観客からは「うちのショーヘイに何してんだ!」と言わんばかりに大きなブーイングが起こった。

 これに実況の辻歩氏も「おっと!インコース、のけぞらせるような1球を投げました!」と驚き、解説の五十嵐亮太氏へ「このボールを1球投げることで、大谷の心理としてはどうなんですか?」と問いかけると、五十嵐氏は「そんなに気にならないんじゃないですか?1球なんでね、多少はあると思いますが、それよりあのブーイングのほうがすごいですね!『わかってるのか?大谷けがしたらどうなると思ってんだ』」と、観客の声を代弁。視聴者からも「みんなで翔平を守る」「大谷にぶつけたらやばいだろうなw」とさまざまな声が寄せられた。

 前夜、8回108球を投げ、日米通じて自己最多タイとなる15勝目を挙げて、チームを4連勝に導いた大谷。ヤンキース・ジャッジとのMVP争いでも注目の集まる今、少しでも危ない目に遭わせたくないという観客の声が大きなブーイングとなって表れた。

なお、大谷のこの打席はフルカウントまで粘ったものの、オットーのスライダーにバットは空を切り、三振に終わっている。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)