剛力彩芽

写真拡大

 女優の剛力彩芽が先ごろ、一部スポーツ紙の取材に応じ、交際が報じられていた実業家の前澤友作氏と今年1月に破局していたことを明かした。

 剛力と前澤氏は2018年4月から交際していたが19年11月に破局。昨年4月に復縁していただけに、2度目の破局となった。

 記事によると、剛力自身が代表を務める個人事務所「株式会社ショートカット」として、「破局は事実です」とコメント。

 剛力の方から別れを切り出し、今は吹っ切れて前向きに仕事に邁進。一部では、前澤氏が民間人初となる月周回計画など宇宙事業を展開し、温度差が生じたことが破局の原因とも報じられているが、「そういうことではなく、女優として経験を積み、しっかり仕事をしていくため」と話したという。

 「これまでの交際女性との間に子どもがいる前澤氏だが、いずれも結婚をしないでもうけた婚外子。おそらく、剛力としてもこのまま前澤氏と交際していても結婚する可能性はなさそうなので、普通の結婚生活にあこがれる剛力としては耐えられなかったのでは。今月2日発売の『フライデー』(講談社)で破局を報じられ、あらぬ憶測が飛ぶのを避けたかったこともあって、懇意のスポーツ紙のインタビューに応じたのでは。個人事務所だけに、それもプロモーションに含まれている」(芸能記者)

 >>『今くら』横浜特集、剛力彩芽の話に「急につまんなくなった」の声 場違いで不評?<<

 剛力は昨年8月31日に18年間、所属したオスカープロモーションを退社して独立。気になるその後の仕事ぶりだが、レギュラー番組のフジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」は継続。 

 今年公開される映画2本や昨年出演したミュージカルは前事務所がオファーを受けたもので、独立後の新規オファーはまだないようだ。

 「前事務所の猛プッシュがあったからこそ売れたし、前澤氏と交際しているうちは話題性があるのでイベントにお呼びがかかる可能性もあった。しかし、それもなくなり、今後は女優としての真価が問われることになりそう」(テレビ局関係者) 独立したからには、苦境も覚悟のうちだったかもしれない。