子供は返したものの車を盗んでいった犯人を警察は今も捜索中(画像は『Oregon Live 2021年1月16日付「Thief threatens to call police on mom who left child in the back seat of the car he stole」(The Oregonian/OregonLive)』のスクリーンショット)

写真拡大

アメリカでは車内に子供を残したまま車を離れることは違法になるケースがあるが、このほど幼い子供を車内に置いて買い物をした女性が、その車を盗まれてしまった。しかも車泥棒はわざわざ引き返してきて、説教を受けてしまったという。『Oregon Live』『New York Post』などが伝えている。

今月16日の午前9時10分頃、米オレゴン州ビーバートンにある食料品店に買い物に来ていた女性が、車の盗難被害に遭ってしまった。アメリカで車の盗難など珍しいことではないが、この車泥棒は引き返して女性に説教をしたことで多くのメディアが注目した。

女性は当時、食料品店の目の前に車を停めて牛乳と精肉を購入するために店に入った。女性は数分で戻るつもりだったことから、車の後部座席に4歳の子供を残してエンジンをかけた状態でドアのロックもせず、鍵をつけたままで車を離れてしまった。

女性は車から15フィート(4.5メートル)も離れることは無かったが、店にいた数分の間に車が何者かに盗まれてしまった。しかも後部座席に乗っていた子供も一緒に連れ去られてしまったのだ。

ところが車を盗んだ男は、女性のところになぜか戻ってきた。男は車を盗んですぐに後部座席に乗っている子供に気付き、途中で引き返してきたようだ。そして戻ってくるなり、女性に「車内に子供だけ残したままにしてはならない。こんなことをして警察を呼ぶぞ!」と説教をしたという。

男は車から子供を降ろして女性に引き渡すと、再び女性の車を運転して逃走した。女性は食料品店のスタッフに助けを求め、後に警察が呼ばれることとなった。

アメリカではほとんどの州で幼い子供だけを車内に残して車を離れることは違法になるが、ビーバートン警察の警察官であるマット・ヘンダーソン氏(Matt Henderson)は今回被害に遭った女性について次のように語っている。

「女性がしたことは犯罪にはあたりません。彼女は子供の姿が見える範囲にいました。しかし車はすぐに盗まれてもおかしくない状態で、ドアはロックして鍵は持っていくべきでした。小さなお子さんを連れている時は特に用心する必要があります。」

さらにヘンダーソン氏は、車を盗んだ男について「子供を母親のもとへ返すという良識を持っていたことが幸いだった」と話しており、成り行きの犯行と見ている。同署では現在、盗まれた2013年製のホンダのパイロット(Pilot)の情報提供を呼びかけ、男の行方を追っている。画像は『Oregon Live 2021年1月16日付「Thief threatens to call police on mom who left child in the back seat of the car he stole」(The Oregonian/OregonLive)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)