<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全8枚)

ついに都内でハンドルのない自動運転バス「NAVYA ARMA」が定常運行で走ることが決まった。場所は羽田空港の隣接施設。場所は、羽田空港に隣接した大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」(以下「HICity」読み:エイチ・アイ・シティ)。

羽田空港第3ターミナルから1駅の「天空橋」駅に直結する「HANEDA INNOVATION CITY」。敷地面積5.9ha、延床面積が13万m²を超える大規模複合施設。(画像は公式ホームページより)
施設敷地内での走行だが、多くの人が利用できるということもあり、実績を積めば、今後の自動運転バスの展開に拍車がかかりそうだ。自動運転バスとは別に、自律走行の低速電動カートが往復するルートも用意される。

「NAVYA ARMA」と自律走行低速電動カートの運行ルート
開発を進める羽田みらい開発は、鹿島建設、BOLDLY(ソフトバンクの子会社で旧SBドライブ)、マクニカ、および日本交通の協力の下、国土交通省からスマートシティのモデルプロジェクトに選定された「HICity」において、仏Navya社製の自律走行バス「NAVYA ARMA」(ナビヤ アルマ)の定常運行を2020年9月18日から開始することを発表した。
「HICity」の来訪者であれば誰でも無料で乗車することができる。

羽田みらい開発株式会社は出資企業9社(鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、東日本旅客鉄道、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルムが設立した「HICity」の開発事業のみを遂行する事業会社

●誰でも無料で乗車可能
羽田みらい開発は「NAVYA ARMA」と自動運転車両の運行を遠隔地で管理・監視できるBOLDLYの自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher」(ディスパッチャー)を活用して、構内移動の利便性を向上させるために無料の構内循環バスを運行する。自律走行バスは毎日午前10時半から午後4時半まで定期的に巡回する予定で、「HICity」の来訪者であれば誰でも無料で乗車することが可能。


自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher」画面

車両のラッピングは施設コンセプトである先端産業=青と文化産業=赤紫の融合をイメージしてデザインされている。なお、「NAVYA ARMA」の輸入・販売およびメンテナンスのサポートはマクニカが行い、車両の信頼性の向上や安定した走行を実現する。

・運行期間
2020年9月18日(金)より定常運行(年末年始を除く)

・実証時間
10:30〜13:30、14:30〜16:30

・乗車定員
11名

・運賃
無料

・ルート
1階通路バスプールから、ゾーンH、I、J、K、C、D、E、F、Gの順に巡回

●自律走行低速電動カートも同時運行
羽田みらい開発はPerceptIn Limited(本社:香港)が開発した自律走行低速電動カートを活用して、「HICity」内のイノベーションコリドーを往復する実証実験も実施する。今後は、場所や用途に合わせて、車種の異なる複数の自動運転車両を安全かつ効率的に運行することを見据えて、遠隔地のオペレーターが「NAVYA ARMA」と自律走行低速電動カートを「Dispatcher」で同時に運行管理する実証実験を行う。


PerceptInの自律走行低速電動カート

・実証期間
2020年9月18日(金)〜22日(火)、24日(木)〜26日(土)
10月1日 (木)〜3日(土)、8日(木)〜10日(土)

・実証時間
10:00〜12:00、13:00〜17:00

・乗車定員
8名

・運賃
無料

・ルート
2階歩行者デッキ イノベーションコリドー内の2地点を往復

施設管理者は「HICity」内の人やモビリティ、ロボットなどのリアルタイム位置情報を集約する鹿島建設の空間情報データ連携基盤「3D K-Field」と「Dispatcher」の連携により、車両の位置情報などの運行情報を「3D K-Field」で確認することが可能。今後車両運行管理業務の効率化に役立てる予定。


空間情報データ連携基盤「3D K-Field」の表示画面

位置情報表示イメージ

●【各社の役割】

・羽田みらい開発
「NAVYA ARMA」の運行主体
PerceptInの自律走行低速電動カートの運行実証主体

・鹿島建設
空間情報データ連携基盤「3D K-Field」の提供

・BOLDLY
「Dispatcher」の提供、遠隔監視者認定トレーニングの実施
「NAVYA ARMA」の設定(3Dマップの作成、車両のセットアップなど)
「NAVYA ARMA」の運転手の提供、運転手認定トレーニングの実施(「NAVYA ARMA」の運転手提供役務は、将来的にBOLDLYから日本交通に移管する予定)

・マクニカ
「NAVYA ARMA」の輸入・販売およびメンテナンス
PerceptInの自律走行低速電動カートの設定・運行実証支援

・日本交通
「Dispatcher」を活用した車両の運行管理

(ロボスタ編集部)