本誌の直撃に、最初は戸惑いつつも言葉を選びながら答えた華原朋美。高嶋への憤りを随所に滲ませていた

写真拡大

本誌の直撃に、最初は戸惑いつつも言葉を選びながら答えた華原朋美。高嶋への憤りを随所に滲ませていた

「昨年生まれたベビーが1歳の誕生日を迎える直前だったんです。まさか信頼していたシッターさんがあんなことをしていたなんて。本人も気が動転してパニックになり、私に相談にきたんですが、動画を見て驚きました。どう見ても逆さ吊りにしてますよね」(華原の知人) 

 昨年夏、念願の第一子を授かったばかりの歌手・華原朋美(46)。出産後、外出の際に自宅で子守をお願いしていたのが、ベビーシッターのAさんだったという。華原の知人が続ける。

「Aさんは、長男誕生後、ベビーシッターを探している時に、親しくされていた高嶋ちさ子さん(52)から紹介してもらったそうです。彼女はもともと高嶋さんのお子さんの世話をしており、今も高嶋家に出入りしている方なので、安心して任せていたみたいなんですが」

 

 Aさんは70代の女性で、高嶋からの紹介だったため、華原も信頼して子供の世話を任せていた。ところが、Aさんの言動に度々、不信に思うところもあって、8月のある日、部屋に設置しているカメラの録画映像を確認してみると……。 

「シッターのAさんが、ベビーの両脚をつかんで逆さ吊りしている光景が映っていたそうなんです。ちょうど哺乳瓶でジュースを飲んでいる時で、何を思ったのか、Aさんは哺乳瓶をくわえたままのベビーの両脚を持って、突然逆さ吊りにしたんです。その間、ベビーはされるがままでした。膝の上で揺さぶったりもされてました。あまりにも酷い光景でした」(華原の別の知人) 

 驚いた華原は知人に相談し、すぐにAさんとの契約を解除。さらに、Aさんを紹介した高嶋の元へ、逆さ吊りの画像とともにLINEで相談のメールを送った。すると高嶋から返ってきたメールには信じ難い言葉が綴られていた。

〈これのどこが虐待なの?うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた(中略)もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ〉(誤字は修正) 

 激怒する華原に対し、高嶋からはいまだお詫びの一言もないというのだが……。

9月11日(金)発売のフライデーでは、ベビーシッターが華原の長男を逆さ吊りにしている現場写真を掲載し、華原、高嶋双方への直撃取材の様子を詳報している。

PHOTO:原 一平

 詳細の書かれた記事はコチラ