ビーズの2輪向けブランドからバイク乗りが作ったツーリングキャンプに最適の「バイクツーリングテント1」が登場

写真拡大 (全6枚)

ビーズのオートバイ用品向けブランド「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」から、ツーリング専用テント『バイクツーリングテント1』が発売される。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万8,000円(税別)。

■バイク乗りにとって理想のテントとは?
小型軽量、積載性を追求して山岳用か、ファミリー用や廉価な初心者汎用テントの流用が一般的な選択肢だった。山岳用はその小ささから居住性が悪かったり、ヘルメットやブーツなどの装具を収納する充分な前室(荷室)がない。ファミリー用は大きすぎたり、一部には ”ツーリング用テント”もあったが、収納幅が50cmを超え、バイクへの積載が容易でない物も見受けられ、自分たちが理想とするツーリング用テントを見つけるのが難しい状況だった。

そこでツーリングテントに求められる要件をひとつずつ検討し、パニアケースとヘルメット、ブーツが余裕で入る広い前室(荷室)を持ちながら、安全確実にバイクに積載できるテントを開発したとのこと。

■短い仕舞寸法
ほとんどのソロ用テントが仕舞い寸法50cmを超えるのに対し、『バイクツーリングテント1』は仕舞寸法を45cmに抑えられている。シートに積載しても広がらない。シートバッグや大型パニアケースへの収納も可能だ。

■分割収納可能
それぞれのテントパーツが専用の収納袋に入っているので、サイドケースなど左右に分割収納することもできる。

■デイジーチェーン
専用キャリーバッグの外側にデイジーチェーンを縫製した。荷物の「横ズレ」を解消し、事故につながりかねない荷崩れの危険性を抑えてくれる。

■ソロテントながら広い前室(荷室)
ヘルメットなどの装具はもちろん、大容量のシートバッグやサイド・トップケースなど、全ての装備を余裕で格納するため前室を大小2つ設けた。雨具などの着用、装備の点検など軽作業も前室内で可能だ。

■スピード設営可能
長時間のライディングの後でも、短時間で居住スペースを確保できる。

■広いドア
ライディングジャケットを着た状態でも荷物の出し入れもしやすい開口 約100cm。

■ベンチレーション
「帰り道」があるツーリングライダーが休めるよう、2か所設けられたベンチレーションには太いウレタン芯材を使用、必要な通気を確保する。

■製品概要
サイズ:(約) W210× L(D)300× H105cm  【収納サイズ】(約) W16× L(D)45× H16cm製品総重量:2.8kg(付属品含む)
素材:フライシート:ナイロン、インナーテント:ポリエステル、グラウンドシート:ナイロン、ポール・ペグ:アルミ
付属品:グラウンドシートx1、三叉ポールx1、前室用ポールx1、ペグx13、ストームロープx5、キャリーバッグx1




■バイクツーリングテント1

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・自分はもらえる?もらえない?弁護士ドットコムが新型コロナ対策に関する給付金(生活支援臨時給付金(仮称))簡易診断をスタート
・コロナ感染の原因となる”3蜜”を避けるためにYahoo! MAPがエリアやターミナル駅周辺の混雑度を表示する「混雑レーダー」を再提供
・新人VTuberを発掘せよ!レノボ・ジャパンが「Lenovo Legion VTuber オーディション」の募集を開始
・「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開記念でユニクロからデザインTシャツ「エヴァンゲリオンUT」が登場
・「LINE」利用動向に関するレポートを発表。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、グループコミュニケーションや「LINE NEWS」の利用が急増