居酒屋を無断キャンセルし営業妨害か 男を異例の起訴

ざっくり言うと

  • 東京地検は13日、偽計業務妨害の罪で59歳無職の男を起訴した
  • 居酒屋に団体予約を入れたにもかかわらず、無断キャンセルを繰り返した疑い
  • 損害を被る店が相次いでおり、同事例で起訴されるのは異例となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング