苦渋の日々は「身動き取れなかった」亀田史郎氏がライセンス剥奪時を語る

ざっくり言うと

  • 亀田史郎氏が、セコンドライセンスを剥奪された当時を振り返った
  • 「バッシングはひどいし、ホンマに何も言われへん辛さはあった」と回想
  • 「身動きが取れんかった」と、苦渋の日々を思い起こした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング