ダメ上司、長時間労働、ブラックは思い込み先行の場合も

写真拡大

 新入社員にとって初めての大型連休であるGWは、これから本格的に始動する仕事の活力を養うための貴重な充電期間となる。だが、中には「入る会社を間違えたかも……」と休み中に憂鬱になり、早くも「退職」の2文字が頭をよぎる人もいるだろう。そんな5月病に陥っている新社会人の“よくある悩み”に、社会保険労務士の稲毛由佳さんがアドバイスする。

 * * *
◆希望の職種(部門)ではなかった

 早い会社では、すでに新入社員研修を終え、連休明けから正式な配属先で勤務する人もいるでしょう。しかし、現実問題、希望通りの職種や部門に配属される可能性のほうが低いと思ったほうがいいかもしれません。

 いくら大学等で専門知識を身につけたとしても、ビジネスで活かせる専門知識は別のもの。本人にとっては、「やりたい仕事=戦力」として会社にも貢献できると自信を持っているかもしれませんが、その希望と会社が判断した仕事がマッチするとは限りません。

 希望ではない職種で身に着けた専門知識でも、後々役立つことはありますし、本人の希望部署よりも会社の見立てのほうが結果的に合っていたケースも少なくありません。実際、「当初は、自分に向いていると思わなかったが、やっているうちにやりがいを見出し、やがて天職と思うようになった」と、口にする成功者も多いのです。

◆ボクの上司はダメ上司

 よく雑誌で特集が組まれる「ダメ上司のセルフチェックシート」を、いざ自分の直属の上司にあてはめて、ダメ上司度をチェックする人がいます。そして、

「やっぱり、ダメ上司じゃん。こんな上司のもとでは自分は成長できない」と、退職を決意するパターンがあります。

 しかし、上司も所詮ただの人。間違ったこともいうし、八つ当たりだってする。理不尽なこともいうでしょう。むしろ、ダメな上司のチェックシート項目にまったく当てはまらない上司のほうが珍しいのです。

 上司から理不尽なことを言われたとしても、それをやり過ごす術を身につけなければ、そもそも厳しいビジネス社会は生き抜けません。

 自分なりに一生懸命やって、結果もきちんと出したのに、「次はもっと頑張れ!」と上司から檄が飛び、へこむ人も多いですが、逆に「よく頑張ったね。もう、十分だよ」と、いう上司がいたら、本人どころか、その会社の成長は見込めません。

 頑張ったことに対して、上司からの褒め言葉を期待する前に、まずは、自分自身で褒めてあげましょう。

◆ウチの会社はブラックだ!

 いま問題となっている長時間労働を強いる会社は注意する必要がありますが、残業時間の長さだけをもって「ブラック企業」と判断するのは、いささか安易です。ブラック企業とは、構造的な欠陥があって、結果として長時間の残業時間が常態化しているような企業をいいます。

 労働時間で極端な例を挙げれば、24時間営業の店舗のスタッフを2人で回すような企業のこと。つまり、ひとり12時間労働が前提になっていて、法定労働時間の8時間では、到底シフトが組めないような勤務形態になっている企業が該当します。

 その一方で、納期前などの繁忙期や突発的なトラブルで一時的に残業時間があがってしまうのは、許容範囲といえます。仮に、普段、残業時間が長い場合でも、仕事がないときは早く帰れる、休日はきちんと休めるなどメリハリがある会社は、長時間労働で退職を決意するほどのブラック企業とは言い難いでしょう。

 まだ経験の浅い新入社員があまりに定刻に帰宅することにこだわると、「あの人に任せるのは心配」、「あの人に頼んでも無駄」と、やがて周囲からアテにされなくなってしまう。その結果、他人の苦労がわからない、表面的な受け答えをする「できない人材」の仲間入りする羽目になってしまいます。

 たとえ上司から「時間が来たから、帰っていいよ」と言われても、進めている仕事を強制終了して、自分に後悔はないか? と立ち返ってみるくらいの気概が必要です。ビジネスの世界では、決められた期間内、時間内に終わらせることは非常に大事ですが、時には、所要時間を考えずにじっくり深く考えることで、より成果の上がる仕事に繋がることもあるのです。

◆もうやっていく自信がない……

 本人は一生懸命やっているのだけど、上司から怒られて、「もう、やっていく自信がない……」と、突然、退職届を提出してくる新入社員が必ず出ます。逆に、あっちこっちから仕事を言いつけられて、テンパった挙句に、「まだ、できてません」を連発。結局、方々から怒られて、「こんなに怒られる筋合いはない!」と、逆切れして退職届が出てくるパターンもあります。

「便りがないのは元気な証拠」と同じで、会社では、黙っていると、「順調に進んでいる」ものと判断されてしまいます。

 実は、上司のほうも、「何も言わないけれどちゃんとやっているのかなあ」と心配していて、あんまり口出ししたり、せかしたりして、うるさい上司、パワハラ上司と思われるのも嫌だから、「何かいってくるまで待とう」としていることがよくあります。ジリジリ待っていた挙句、「できませんでした」と、新入社員の言葉に怒り爆発というシーンも見受けられます。

 かつての新入社員なら、上司から“飲ミュニケーション”の誘いを受けることも多かった。「まだ、頼まれた仕事が終わっていないので行けません」と、断ることをきっかけに、新入社員が困っていることに上司が気づくこともできました。また、浮かない顔をしていれば、「どうした?」と、上司が新入社員に歩み寄る格好のチャンスが飲ミュニケーションにはありました。

 しかし、今は、「飲みに行くことの強要」=「パワハラ」ととらえられることを恐れて、飲みに誘わない上司が多いですし、「部下が仕事を終えるまで待つ」上司も減ってきていて、先に帰ってしまう上司も珍しくありません。

 かといって、「わからないことがあったら、聞いてね」と言われても、「どこがわからないのがわからない」のが新入社員。

 八方ふさがりで困ったときは、「困ってます」、「指示通りの時間にはできない」と、仕事の締め切りや納期前、就業時間中にSOSを周囲に出すことが大事です。そうすることで新入社員のほうがびっくりするほど周囲が助けてくれるケースもよくあります。

 実際、新入社員時代、もくもくと仕事をこなした人よりも、「はじめはどうなることかと思ったよ……」と、上司の手を煩わせた人のほうが花開くことも多いのです。

 以前、上司からの叱責を丹念にメモを取って、そのメモを見て、また、落ち込むという新入社員がいました。初めてのことをやっているのだから、叱られるのは当たり前。上司の叱責は適当に受け流してはいけませんが、だからといって、まともに捉えすぎるのも問題なのです。

◆どうせ辞めるなら「ばっくれたい」

 最近、「出社しない=退職した」ものと見なされると考え、黙って辞める新入社員が増えています。

 会社は〈1か月前に退職届を提出〉などと、就業規則で自己都合退職の手続きルールを定められているのが一般的です。民法に基づけば、退職届の提出日の翌日から数えて14日目に辞めることができます。法律上は退職の申し出は口頭でも有効ですが、きちんと退職届を出して、けじめをつけるのは社会人として当たり前のルールです。

 きちんとけじめをつけないと、会社は連絡を取ろうと電話をしますし、本人も逃げ出したような中途半端な気持ちになるのではないでしょうか? これでは、新たな気持ちで再就職活動のスタートラインにつくことができません。

 そもそも、どんなに自分が思い描いていた仕事と違っても、「石の上にも三年」。少なくても3年は頑張ってみなければ、何も見えてきません。1年目は【知る】。2年目は【思い出しながらやる(慣れる)】。そして、【こなせる】のは、3年目以降。だから、同じ会社に3年いると、今とはまったく違う世界が広がってくるはずです。

「この会社はないな」と、3年以内に退職届を出したいと思った時は、一度は踏みとどまってみてください。会社はいつでも辞められるのですから。