勝負どころで2ゴール! 興梠が今季の個人的な目標としていたJ1通算100ゴールを達成した。清々しい表情だ。写真:徳原隆元

写真拡大

[J1第2ステージ・15節]
アルビレックス新潟 1-2 浦和レッズ
10月22日(土)/デンカスタジアム
 
 
 後半途中からは両チームとも球際へ激しく当たりにいき、マッチアップの勝ち負けがそのままチャンスとピンチに直結した。両チームともにゴールを欲し、一方で失点だけは喫してはならないという守備意識も働かす絶妙な心理状態に陥っていた後半ロスタイム、試合を決めたのは、浦和のCF興梠慎三だった。
 
「新潟の勝ちたい気持ちが伝わってきた。球際に強く当たりに来て、なかなか思うようにプレーできなかったなか、最後は泥臭かったけれどもゴールを決められた」
 
 興梠はそう誇らし気に語った。屈強CBの舞行龍を相手に一歩も引くことなく確実に起点を作り、サイドに流れても西村らを振り切りボールを確実につないだ。
 
 前線で身体を張って「まずボールを収めることを考えている。そこができないと攻撃が始まらない」というチームプレーを献身的にこなしながら、一方で、チームのためにゴールを狙う。
 
 そして、この日のように相手の想いが強ければ強いほど、それをパワーに変えて「結果」を残す。まさにエースの活躍ぶりだった。
 
「ちょっとオフサイドかなと思ったが、航から来たボールを上手く持ち替えられて、GKの動きを見て決められた」
 
 7分、先制点は後方からの難しい浮き球をコントロールして決めた。
 
 そして――「関根が持ち込んでクロスを放ち、ニアでチュン(李)が潰れてくれたお陰で決められた」と、90分、決勝ゴールを叩き込んだ。
 
 チームを2-1の勝利に導き、自身も史上12人目となるJ1通算100ゴールを達成。
 
 これでチームは公式戦10連勝を飾った。その先頭には、リオ五輪後の不調から完全に立ち直った背番号30がいる。
 
「次(磐田戦)も厳しい戦いが待っている。しっかり気持ちを引き締めて臨みたい」
 
 興梠が個人的な今季の目標にしていた通算100点に到達し、さらに先週のルヴァンカップ優勝で浦和にタイトルをもたらすなど“節目”が続いた。「気持ちが楽になったね」と笑い、これまでと変わらずチームの勝利のため、次は101ゴール目を狙う。
 
【新潟 1-2 浦和 PHOTO】浦和が勝利するも、優勝は次節以降に持ち越し。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)