千原ジュニア

写真拡大 (全6枚)

お笑い芸人の千原ジュニアが20日、都内にて、お笑いイベント「よしもと FesNight」の開催発表会に出席。そこでは、自身の髪型が"おでこを見せる"スタイルにしたことが話題となり、「奥さんの意見を聞いたから」と説明。昨年、一般女性と結婚してからおよそ1年、プライベートな質問にも答えていた。

「もともと、ヘアスタイルにこだわりはない」と続けていたが、女性レポーターから「奥さんのリクエストに応えるなんて、千原さん、意外ですね」と投げかけられると、大笑い。「普段、どんな風に見えてんの?」と恥ずかしそうに返していた。

この日は、所属する吉本興業と人工知能の開発に取り組む企業・ワークスアプリケーションズとの合同イベントについて、明らかになった。今月28日と29日に、「ワークスアプリケーションズ presents よしもとFesNight」と題した無料のお笑いライブを、東京・六本木ヒルズで実行するという。

人工知能をテーマにしたお笑いライブ。今日の壇上でも、大喜利の分野に特化した「大喜利β」という試作段階のソフトが披露されたが、千原は感心しきり。「将来、芸人がカンニングをする時代がくるかもしれない」とコメントしていた。

▼ 千原ジュニア

なお、発表会には、お笑いコンビのニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)も出席。2人は、今度のライブで司会を担当する。

▼ ニューヨークの嶋佐和也

▼ ニューヨークの屋敷裕政

■関連リンク
「ワークスアプリケーションズ presents よしもとFesNight」 - 案内WEBページ