松崎しげる

写真拡大 (全5枚)

歌手・松崎しげる(65)が、映画『イニシエーション・ラブ』のイベントにサプライズ出演。劇中の挿入歌「愛のメモリー」を披露し、会場を沸かせた。

イベントは、4日の都内にて、同作(先月23日に劇場公開)の大ヒット(昨日までの観客集計で、50万人を突破)を祝う、舞台あいさつとして執り行われた。壇上には、主演の松田翔太、ヒロインの前田敦子の二人が上がっていた。

この映画は、およそ30年前の“1980年代”が舞台。用意されたファッションについては「ボディコン、サスペンダー付きのズボン、ケミカルウォッシュのジーンズ」と紹介された。

そして、当時に流行した髪型としては「テクノカットやワンレングス」。流行語には「バブル、朝シャン、花金」といった、耳馴染みのある言葉。かつての様子を思い出すアナウンスもあった。

ちなみに、松崎の楽曲「愛のメモリー」は、1977年のヒットナンバーだ。

作品に採用されることになって「あの曲は、いろんな時代を経てきました。僕は今、65歳になっているんですけど、自分にもう1回、青春を思い出させてくれますね」とコメントした。

そう真面目に語ったあと「あの頃はもう、ガンガン、ビンビン。時代を駆け抜けていました」と自身の行動パターンを表現。会場の笑いを誘っていた。

▼ (左から)前田敦子、松田翔太、松崎しげる

映画『イニシエーション・ラブ』大ヒット御礼舞台あいさつより


▼ 松田翔太



▼ 前田敦子



▼ 松崎しげる



■関連リンク
映画『イニシエーション・ラブ』 - 案内WEBサイト