妻を探すため、会社員が潜水士に

  • 宮城県女川町の会社員、高松康雄さんは潜水士の国家資格を取得した
  • 東日本大震災で行方不明になった妻の手がかりを自分で見つけるためだという
  • 高松さんは「骨のひとかけらでも、妻の手がかりを見つけたい」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング