冬巡業から帰京した貴大将(撮影・大塚 徹)

写真拡大

 ◇貴ノ岩が暴行

 貴ノ岩から暴力を受けた貴大将はスポニチ本紙の取材に「自分が付け人として(対応が)悪かったんです。言われたことをちゃんとできなくて」と申し訳なさそうに話した。

 この日の朝に「自分がこのまま付け人を続けたらみんなに迷惑をかける」と思い悩み会場を出て1時間ほどさまよった。その後、関係者から電話などで諭され会場に戻ったという。「貴ノ岩関からは“俺がどうかしていた。申し訳なかった”と謝られました。こんな大騒ぎになって申し訳ない」と話した。夕方に帰京した貴大将は6日、協会で聴取を受ける予定だ。