堀江貴文氏が主宰、行動を目的とする新しい高等学院「ゼロ高等学院」が2018年10月開校予定

写真拡大 (全7枚)

 SNS education株式会社は堀江貴文氏を主宰とした新しい高等学院「ゼロ高等学院」を10月に開校予定と発表した。入学式は10月に静岡県の「ゼロの郷」にて、主宰の堀江貴文氏も出席予定。

主宰の堀江貴文氏

 さまざまな有識者と約1,500人のHIU(堀江貴文イノベーション大学校)のサポートのもと、堀江貴文氏の「学校教育を壊す(ディスラプトし再構築する)」という発言をきっかけに、株式会社が設立する新しい学習形態を提供する高等学院として設立したという。

 参加できる活動は、宇宙ロケットの開発・発射、和牛の生産、販売、寿司職人になるための技術や経営、ファッションやエンジニアリングなど多岐にわたり、第一線で活躍しているプロから学ぶことができる。その他、村づくりや、全国にてシェアオフィスづくりなど、さまざまな分野で進行中の活動を主催もしくは参加できるという。

 また、既存の高等学校と教育提携することにより、在学中にあらゆる社会活動に参加しながら、通信制高校として高校卒業資格を取得することもできる。

 課外活動の協力先として、インターステラテクノロジズ株式会社(宇宙)、寿司屋はっこく(寿司)、尾崎牛・尾崎(農業)、MB(ファッション)が名前を連ねている。

 顧問には成毛眞氏、佐渡島庸平氏、森田正康氏、坪田信貴氏、菅本裕子氏、ゼロ高責任者として内藤賢司氏が就任している。

成毛眞氏

佐渡島庸平氏

菅本裕子氏

坪田信貴氏

森田正康氏

内藤賢司氏

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら