サラリーマンの昼食代事情とは 1979年からの調査で推移を確認

ざっくり言うと

  • サラリーマンの昼食代の推移について、1979年より続く調査から見ている
  • バブル景気の余韻が残る1992年の746円を頂点とし、あとは漸減したという
  • 2015年では久々に600円を超えたが、2018年では570円と購買力が落ちている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング