木梨憲武

写真拡大

高まる「木梨俳優転向説」

 どうやら「マスコミ辞令」という言葉は、死語になりつつあるようだ。その証拠に、最近あまり見ない。

 ***

 ご存じない方に説明させていただくと、次期首相や、プロ野球やJリーグの新監督など、注目の人事をメディアが予想する報道を指す。そうした記事は残念ながら、外れることも多い。そこで「マスコミはインチキな辞令を出す」と揶揄されたのだろう。

 今、そんなマスコミ辞令が集中している1人が、とんねるず木梨憲武(56)だ。3月22日に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系列)が最終回を迎えた。そしてメディアは「木梨、俳優に転向」という報道を重ねている。

 それだけ期待も大きいのだ。弊誌も「30代、40代の辣腕ディレクターは“敬遠”で『石橋貴明』の生き残る道」(18年3月30日)という記事を掲載した。さる民放幹部に、とんねるずの“商品価値”を訊くと、「木梨の俳優転向を求める声は多い」という見方だった。その部分だけ、再録させていただく。

木梨憲武

「既に画家としての地位も確立しているので、芸術活動に専念するという声が根強いのは事実です。ただ、出演した映画『いぬやしき』の公開が4月20日に控えていることからも分かりますが、“俳優・木梨”待望論も同じぐらい強いものがありますね。意外に思われる方も多いと思いますが、木梨さんは中井貴一(56)や佐藤浩市(57)、そして水谷豊(65)といった方々と深い親交を持っているんですよ。特に水谷さんとは、テレビ朝日系列『豊さんと憲武ちゃん! 旅する相棒』(17年6月10日放送)という共演番組も実現させました。業界内でも『基本はバラエティ番組に出演しない水谷さんが、旅番組に出演するなんて!』と驚きの声が挙がったんですね。今後は画家と俳優という“二足のわらじ”で活躍する可能性があると思います」

話題抜群の「相棒」出演

 今回、別の民放関係者を取材すると、なかなかに衝撃的な話が飛び出した。「水谷豊さんやテレビ朝日が、木梨さんを『相棒』の新レギュラーにすべく動いている、との話があるんです」と明かすのだ。

「私は根も葉もない噂話だとは思っていません。逆に『火のあるところに煙が立っている』状態でしょう。根拠として挙げたいのは、水谷さんは最低でも1回、映画版『相棒』の完成試写会に木梨さんを招待したことです。私も会場で木梨さんの姿を拝見して、驚いたことを記憶しています。水谷さんと木梨さんの親交は有名ですが、完成試写会に友人を呼ぶ人はいません。普通は仕事で関係の深い人を招待します。つまり水谷さんは木梨さんに『どうかこの映画を観て、ドラマの世界観を体験してください。気に入ったら一緒に共演しましょう』というメッセージを送ったと解釈すべきなんです」

 別の関係者も「奥さんの安田成美さん(51)も乗り気だと聞いています」と指摘する。

「そもそも安田さんは、『みなおか』終了を契機として、夫がコメディアンの仕事から距離を取り、役者に力を入れるのもいいのではないかと考えていたそうなんです。そんな折に『相棒』の話が盛り上がってきたわけです。もちろん安田さんの耳にも入っているそうで、『とてもいい話』と喜び、夫の背中を押していると聞いています」

 現在の相棒である反町隆史(44)だが、撮影現場のスタッフには好評で、視聴率も決して悪くない。ただ、水谷豊=杉下右京の新しい相棒が木梨憲武となれば、大きな話題になるのは必至だ。テレビ朝日がキャスト交代を目指してもおかしくない。

ご本人は冗談でごまかすが……

 もちろん木梨が、「新相棒」以外の役としてレギュラー出演し、水谷・反町のコンビに絡むというシナリオも考えられる。テレビ朝日は必死に知恵を絞っているかもしれない。

 映画「いぬやしき」の公開にあわせ、木梨はオリコンのインタビューに応じた。記事のタイトルは「木梨憲武、16年ぶり映画主演とこれからの活動を語る『3年後に映画撮りたい』」(18年4月7日)だった。

 文中、インタビュアーに俳優“転進”の可能性を問われると、「僕は“発注待ち男優”の身なので(中略)、オファーがなかなか来ないんですよ」と謙遜。だが今後を問われると「3年後に映画を撮ります」とぶち上げた。

 本気かどうか質問が重ねられると、結局は「助監督に安田成美さんつけるから」と冗談でごまかした。マスコミを煙に巻いた印象だが、「映画」という単語が飛び出したことに注目する業界人は少なくないはずだ。「俳優転向への決意を語った」と解釈する向きも必ず存在するだろう。

 普通の企業でも、実現目前の人事がひっくり返ることは珍しくない。まして芸能界となると、本人や事務所が乗り気でも、実現しないことのほうが普通だ。木梨の「相棒」出演説が現実のものとなるか、残念ながら「マスコミ辞令」として流れてしまうか、今後も要注目に違いない。

 ***

週刊新潮WEB取材班

2018年4月15日 掲載