スイス・サンモリッツにあるバルトハウス・ホテル内のバーで開栓された、1878年と記されたラベルが貼られたスコッチウイスキー「マッカラン」のボトル(2017年8月2日撮影、公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スイスのホテルで中国人男性が1杯に9999スイスフラン(約114万円)を支払った1878年物とされるウイスキーが、実際は1970〜1972年に製造されたものであることが判明した。地元メディアが3日、報じた。

 男性はスイス東部サンモリッツ(St. Moritz)にある高級ホテル「バルトハウス・ホテル(Waldhaus Hotel)のバーで8月、希少なスコッチウイスキーの人気銘柄「マッカラン(Macallan)」にことのほか興味を示し、1878年と記されたボトルを注文。結果的に2センチリットルで9999スイスフランを支払った。

 ギネス世界記録(Guinness World Records)に記載されるほどのウイスキーコレクションを誇るこのバーは47種類のマッカランを取りそろえており、価格は1杯7スイスフラン(約800円)から最高9999スイスフラン。

 しかしウイスキーの専門家らが疑問を呈した。

 スイス紙「20 Minuten」のオンライン版によると、ウイスキーの競売で定期的にコンサルタントを務めている「レア・ウイスキー101(Rare Whisky 101)」の専門家は、男性が注文したボトルのラベルが「偽物」であることを証明した。

 同ホテルの経営者、サンドロ・ベルナスコーニ(Sandro Bernasconi)氏は、自ら中国・北京に赴き、「スイス人は正直で詐欺には関与しない」ことを証明するために男性に返金したという。
【翻訳編集】AFPBB News