妻たちのホンネ投稿サイト「だんなデスノート」が禁断の書籍化

写真拡大

「旦那の歯ブラシで毎日トイレ掃除をしています」「朝起きたら冷たくなって死んでますように」――など、「夫に死んでほしい」と願う妻たちが、夫への不平・不満、夫の死の願望を投稿するサイト「だんなデスノート」。

プログラマー、歌舞伎町ホスト、六本木バーテンダー、動物保護、ITマーケティングなどを経て、「だんなデスノート」を開設した牧田幸一朗氏は、“不満や愚痴は一人で悩み続けず、どこかに吐き出す必要がある”と考える。そしてその考えに呼応するように、会員数は1万人超、アクセスは1日約70〜80万。数々のテレビ・雑誌などでも紹介された。そして今回、掲示板に投稿された妻たちの叫びが書籍になった。

「第1章 だんなの不倫、浮気、許せない!」「第2章 だんなとセックス、無理!」「第3章 だんなのDV、モラハラ、許せない!」「第4章 復讐してます、だんなに!」「第5章 とにかく死んでよ、だんな!」など目次はセンセーショナル。だがなぜその言葉が出てきたのか、その背景まで知ると世の妻の怒りの根深さを思い知らされることになるだろう。

「そうそう」と投稿されている不平・不満に同じ妻として同情する人もいれば、「これってもしかして俺のことなんじゃ……」と夫として青ざめるも人もいるであろう『だんなデス・ノート』(宝島社・1100円[税別])。気になる方は手にとってみては……?

なお、教えて!gooウォッチでは「こんな夫は妻に嫌われる!専門家に聞いた8つのタイプ」という記事も公開中。併せてチェックしてみて。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)